ヤンキース戦前の記念撮影時にイタズラ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、ヤンキース戦に「2番・DH」で出場した。この日はフォトデーで、試合前に同僚たちと記念撮影。仲のいい1人であるデビット・フレッチャー内野手にささやかなイタズラをするも、気付かれなかった。実際の映像を球団が公開すると、和んだ様子の米ファンからは「こういう映像もっとちょうだい」などと反響が寄せられている。

 こっそり、ちょっかいを出した。フォトデーで同僚たちと並ぶ大谷。最後列に立っているが、2列前にいたフレッチャーの頭に狙いを定めた。帽子をかぶった同い年の頭を、人差し指でツン、と突っついた。しかし、フレッチャーは微動だにせず。残念ながらイタズラに気付くことはなかったようだ。

 ほのぼのする実際の映像を、エンゼルス公式ツイッターが公開。「(大谷が)突っつく」と文面で伝えると、米ファンからは「ショウヘイがフレッチャーにいたずら」「特にオオタニが良い」「フレッチャタニはスポーツ界最高のコンビ」「こういう映像もっとちょうだい」「文字通りキュート」「94年ボーイズ」などと反響が寄せられている。(THE ANSWER編集部)