フェンシング全日本選手権

 フェンシングの全日本選手権個人戦は18日、東京・駒沢体育館で最終日の第3日が行われ、東京五輪男子エペ団体で日本初の金メダル獲得に貢献した加納虹輝(JAL)が11月6日の決勝に駒を進めた。五輪ではアンカーを務めた23歳。準決勝は途中で右足を痛めるアクシデントに見舞われたが、メダリストの意地を見せた。

 加納は初戦の2回戦から登場。15-6で勝利を収めると、大谷謙介(専修大)との3回戦は序盤にリードを許したが、5-6から連続ポイントで逆転。最終的に15-9で準々決勝に進んだ。準々決勝は15-11で勝利。しかし、古俣聖(本間組)との準決勝でアクシデントに見舞われた。

 5-8の劣勢の場面で右ふくらはぎをつり、その場で倒れ込んだ。治療して再開後も足を引きずったが、9-9の同点に。2連続得点で突き放すと、そのまま15-12で勝ち切った。

「全日本で決勝にも残ったことがないのでホッとしている。いろいろなところがつってしまって情けないけど、なんとか勝ててよかった。つったのは中指と薬指の間と右ふくらはぎ。左ふくらはぎもつる寸前でした。指がつったのは初めてで『どうしよう』と思っていた。なかなか攻めるのが難しい状況だったけど、僕が動けないことをいいことに相手が攻めてきたので、カウンターで点を獲っていました」

 技で逃げ切った金メダリスト。要因は「練習不足もあるし、暑さもあるし、試合間隔が短かったのもあると思う」と説明した。パラリンピック閉幕まで拠点のナショナルトレーニングセンター(NTC)が使えず。7日から練習を再開し、1週間ほどで仕上げてきた。

東京五輪後は女優・黒木瞳とも共演

 五輪後はテレビなど多数出演。タレントで日本フェンシング協会の武井壮会長とともに女優・黒木瞳のラジオ番組にも出演し、競技の魅力を伝えた。「地元・山口の岩国市に行って街を歩いている時に話かけられた」と反響を実感。注目度は高まったが「人にもよるけど、僕は特にプレッシャーはなかった。一人ひとり戦うことを意識していた」と胸を張った。

 他の金メダルメンバーでは、世界ランク1位の山田優が準々決勝で敗退。見延和靖は8月末に受けた鼠径ヘルニアの手術の影響で欠場し、宇山賢は手首痛でエントリーしていなかった。加納は11月6日の決勝で村上仁紀と対戦する。

「全日本でトップに入る選手は、普段NTCで一緒に練習する選手たち。手の内がわかっている中での戦い。今まで僕はそのやり取りに勝てなかった。絶対に獲りたいタイトル。このまま獲れずに引退は絶対に嫌だ。村上選手もNTCでやっている仲間。互いに手の内を知っているので、決勝までに弱点を探っていこうかなと思います」

 唯一、“生き残った”金メダリストが初優勝に王手をかけた。(THE ANSWER編集部)