ボクシングに挑む俳優ビョルンソンが前日計量で仕上がった肉体を披露

 デッドリフト501キロの世界記録を持ち、「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つ俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)は18日(日本時間19日)にボクシングのリングに上がる。最大200キロから、約55キロの減量に成功していたビョルンソンは前日計量で、ついに完成したボクシング仕様ボティーを披露。インスタグラムにアップし、「君の変身は驚異的だよ」「146キロでシックスパックかよ」との声が上がっている。

 ついにボクシング仕様の肉体が完成した。ビョルンソンは2枚の写真をアップ。6つに割れた腹筋。胸から腕にかけてはタトゥーで覆われているが、隆起した筋肉が見て取れる。2枚目には対戦相手のプロアームレスラーでYouTuerのデボン・ララトと向かい合ったフェイスオフの写真も掲載した。

 当初はデッドリフトの前世界記録保持者で、こちらも「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つエディー・ホール(英国)と対戦予定だったが、変更に。自身にとって3試合目となるボクシングマッチへ向け、投稿では「計量完了。146.5キロ」と記した。

 対戦を巡っては、最大200キロともいわれる体重を55キロ以上絞っていたことも話題になっていたビョルンソン。ファンからは「206キロから146キロだろ。なんてこった」「クレイジーすぎる変身だ」「60キロも落としたのか……?」「こんなムキムキになるのは簡単なことじゃないよ」「君の変身は驚異的だよ」「ビーストだ!」「146キロでシックスパックかよ」と驚きの声が上がっていた。

 いったい、この驚異的な肉体でどんな戦いを見せるのか。海外格闘ファンの期待が高まっている。(THE ANSWER編集部)