フェンシング全日本選手権

 フェンシングの全日本選手権個人戦は18日、東京・駒沢体育館で最終日の第3日が行われ、女子フルーレでは東京五輪代表の23歳・東莉央(明治安田生命)が決勝進出を決めた。初優勝へ、11月6日の決勝では同代表でチームメイトだった上野優佳(中大2年)と対戦する。

 東姉妹の姉・莉央が初の日本一に王手をかけた。準々決勝では宮脇花輪(マイナビ)に15-8で勝利。準決勝は昨年女王の菊池小巻(セガサミー)に最大10点差をつけるなど圧倒し、15-6で決勝進出を果たした。「1試合目は凄いドキドキした。危なかったけど、そのおかげでその後は勝ち上がれた。宮脇さんと菊池さんとの試合は動けていた。気持ちも負けていなかった」と胸を張った。

 東京五輪は1学年下の妹・晟良(せら・日体大4年)と日本フェンシング界初の姉妹出場を果たしたものの、個人戦はともに初戦敗退で悔しさを味わった。団体は6位入賞。地元の和歌山で休み、「ほとんどフェンシングをせずに1か月くらい休んだ。特に何をしていたわけではない。実戦練習をしたり、15分勝負を主にやってきた」と調整してきた。

 5年ぶりの決勝に進出。前回は菊池に敗れ、準優勝に終わった。「全日本で成績を残せず、ずっとベスト8とか16とかで負けていた。全日本はあまりいい思い出がない」。2017、18年大会で妹が優勝。自身はサポートに回っていた。今大会は妹が準々決勝敗退で明暗が分かれた。決勝でセコンドに入ってもらう可能性について「まだそんな話はしていないけど、できたらお願いしようと思います」と姉妹タッグ結成を描いた。

 決勝の相手は東京五輪個人戦で6位入賞した上野だ。「本当に強い。挑戦者のつもりで挑みたい。優勝目指して頑張ります」と初優勝を奪いに行く。(THE ANSWER編集部)