ビジャレアル相手に技を披露、好機を演出

 海外サッカー、スペイン1部リーガ・エスパニョーラのマジョルカに所属する日本代表MF久保建英は、19日のリーグ第5節ビジャレアル戦に先発。チームは0-0で引き分けたが、後半終了間際までプレーした。相手3人に囲まれながらも、華麗なダブルタッチで好機を演出する場面も。実際の映像をDAZNが公開。日本のファンからは「まじで心躍った」「イニエスタ級」などと反響が寄せられている。

 相手を引き付け、技を見せた。後半残り10分を切ったところだ。自陣でパスを受けた久保は、相手DFの3人が寄ってくる中で左、右とボールを両足で上手く使ったダブルタッチを披露。スペースをうまく通し、前方のFWダニ・ロドリゲスへ綺麗なパスを通した。これが繋がり、最後はFWマシュー・ホッペがネットを揺らした。しかしこれはオフサイド。残念ながら得点とはならなかった。

 技術を見せた久保の実際の映像をDAZN公式ツイッターが公開。「久保建英にボールが入ると“違い”が生まれる」などと文面で紹介した。日本のファンからは「これは、エグい!!」「見ててしびれたー」「イニエスタ級」「普通なら右に流すのにここで縦パス入れれるのは強い」「ここで右に出さない所に久保の価値を感じる」「ためが絶妙だよね」「まじで心躍った」「前にパスコースないのに無理やり起点になる久保」などと反響が寄せられている。

 これ以外にもチャンスを作り出すなど、攻撃を引っ張った久保。得点こそ生まれなかったが、強敵相手に確かなテクニックを披露した。(THE ANSWER編集部)