空手のスペイン女子選手が映像を公開

 東京五輪・空手の女子形で金メダルを獲得したサンドラ・サンチェス(スペイン)が自身のインスタグラムを更新。左手首の付近に、自身と夫の名前のタトゥーをカタカナで刻む映像を公開した。5つの輪が重なる五輪マークも綺麗に入った様子に、海外ファンからは「いい出来栄え」「素敵なタトゥー」などとコメントが寄せられている。

 空手の女子金メダリストが、夫婦の絆を日本語で刻んだ。マスクをつけて椅子に座り、左手を差し出しているサンチェス。男性が手首に何かを描くようにしている。なんと「サンドラ」とカタカナで記されたタトゥーだった。五輪マークも綺麗に描かれ、その上には東京五輪でもコーチを務める夫のヘススさんの名前もカタカナで記されている。

 実際の映像を自身のインスタグラムに公開したサンチェスは、「#Tattoo」「#DreamsComeTrue」などと文面にハッシュタグ付きで記した。海外ファンからは「素晴らしい」「ベリーナイス」「いい出来栄え」「素敵なタトゥー」「インクレディブル」などと反響が寄せられたほか、日本のフォロワーからも「日本語 素晴らしい」「グレイト!!!」「素敵です」などと反響が寄せられている。

 東京五輪では、清水希容との女子形の決勝で見事に金メダルを獲得したサンチェス。五輪と日本、夫への思いを表したようだ。(THE ANSWER編集部)