マチャドのスーパープレーに「最も興奮する守備」の声

 米大リーグでこれぞメジャーというべき美技が称賛を浴びている。パドレスの名手マニー・マチャド内野手は28日(日本時間29日)のドジャース戦で、膝を付きながら一塁へレーザー送球。先発したダルビッシュ有投手を救ったプレーに、MLBが動画付きで脚光を浴びせると、称賛の嵐が起きている。

 ゴールド・グラブ賞2度受賞。マチャドが肩で魅せた。3回1死一塁。スミスの打球が三塁線へ飛ぶ。ライン上でマチャドが好捕すると、ここからだ。膝をついたままで一塁へノーバン送球。見事にスミスをアウトにしてみせた。

 抜けていれば間違いなく長打。ダルビッシュを救うプレーをMLB公式ツイッターは「マン・ニー(膝)・マチャド」と文面に記して動画付きで投稿すると、米ファンは「俺はこれを何百回もトライしたができなかった」「簡単そう…」「キャノン」「冗談だろ」「クレイジースロー」「最も興奮する守備」などと称賛を送っている。(THE ANSWER編集部)