シーズン終盤9月を回顧、26日のマリナーズ戦で判定を巡る仕草が話題に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手はここまで投手として9勝、打者として45本塁打。トップと3本差となっている本塁打王争いも、残り1試合となっている。今回は「9月の二刀流」と題し、終盤戦の印象的なシーンを振り返る。「2番・投手」で先発出場した26日(日本時間27日)の本拠地マリナーズ戦でボール判定を巡る仕草が反響を呼んだ。

 マウンド上の大谷が少し驚いたのは、相手の左打者フレーリーに外角高め97マイル(約156キロ)を投げ込んだ時だ。画面に表示されたストライクゾーン枠内への投球だったが、球審はボールと判定。捕球した捕手スズキは戸惑った様子で振り返り、大谷も少し右手を前に出して反応した。ただ大谷は何かを確認し、落ち着いた様子で頷いて次の投球へと移っていった。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターで公開。文面で「ショウヘイは礼儀正しい」とマウンド上の様子を伝えた。米ファンからは「左肘のジェスチャーが何かを物語っている」「正確性はどこに?」「キャッチャーがもっと助けないと」「ボールと宣告されたストライク」などとコメントが寄せられていた。

 また、米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターも反応。打者・大谷が外角に外れる明らかなボール球でもストライク判定を受けた映像を公開するとともに「おそらくショウヘイ・オオタニはロボット審判なら投打の両面で助けられるだろう」と文面に記した。この試合は7回5安打1失点、10奪三振の力投も打線の援護なく10勝目を逃した。

 今季は大谷のストライク・ボールの投球を巡り、議論されることが目立ったが、それを象徴するシーンに。結局、これが最終登板となり、ベーブ・ルース以来103年ぶりのシーズン2桁勝利&2桁本塁打は来季以降に持ち越しとなった。(THE ANSWER編集部)