今季の成績を注目した投稿が「同一人物がやっているとは思えない」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、投打二刀流で大活躍の今シーズンを終えた。MLBは「オオタニはショーを開演していた」と今季の成績に改めて注目するとともに、SNSに“6人の大谷”画像を公開。米ファンからは「MLB史上最強の単年成績」などと成績に驚きの声が寄せられていたが、日本のファンからは「理屈抜きにカッコいい」「伝説のOHTANIさん」などと画像に対する興奮のコメントも書き込まれている。

 今季の大谷をMLBが表現した、カッコいい1枚だ。投打6項目とともに、躍動する大谷が6人並んだ。野手としては46本塁打、103得点、100打点、26盗塁と優れた成績を残し、投手としても防御率3.18、156奪三振。この1年で記録したそれぞれの数字とともに、バットを振り抜いた姿やマウンド上で咆哮する表情が1つの画像に表現されている。

 実際の写真をMLB公式ツイッターが公開し、文面では「投球から打撃まで、今季オオタニはショーを開演していた」と大谷を称えた。米ファンからは「おかしな数字だ」「MLB史上最強の単年成績」などとコメントが書き込まれていたが、日本のファンもこの投稿に注目。画像のカッコよさにも反響が寄せられている。

「神話やんこんなん」
「かっこよすぎますよ、大谷さん」
「伝説のOHTANIさん」
「同一人物がやっているとは思えない成績」
「改めて見るとやってることヤバすぎて草」
「めっちゃカッコええぇ」
「理屈抜きに只々かっこいい」
「MLB公式のセンスほんと好き」
「漫画でもここまで出来過ぎたキャラおらんわ」

 投打二刀流で日米を沸かせた大谷。MVP最有力ともされる今季の活躍に、興奮させられたファンは感謝すら胸に抱いている。(THE ANSWER編集部)