前日計量の舞台上で挑発「俺が酷いダメージを負わせてやる」

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは9日(日本時間10日)、現王者のタイソン・フューリー(英国)と前王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)が米ラスベガスで戦う。ボクシングファンが注目するビッグマッチに先立ち、8日(同9日)は前日計量が行われた。ワイルダーは過去最重量238ポンド(約108.1キロ)の肉体を披露し、驚きの声が上がっていたが、対するフューリーはド派手に挑発発言を繰り出した。

 フューリーは“口”でワイルダーを挑発した。前日計量。ワイルダーはシャツを脱ぎ、計量台に立った。力こぶを誇示するようにポーズを取った上半身は筋骨隆々。いつも以上の迫力を感じさせる過去最重量238ポンドの肉体を披露した。フューリーも同じく過去最重量277ポンド(約125.8キロ)だったが、仕上げてきた肉体はTシャツ姿で隠した。その代わり、ド派手に挑発した。

 米スポーツ専門局「ESPN」によると、舞台上で「前回、彼は頭蓋骨にひびが入っていたとか、腕を怪我していたとか文句言っていたな」とコメント。その上で「土曜日が待ちきれないよ。俺が酷いダメージを負わせてやる。試合後は(打たれすぎて)誰か分からない状態になるだろうな。そこにいる可愛い嫁さえ彼が誰だか分からなくなるだろう。ズタズタにして家に帰してやる」と挑発したという。

 さらに、舞台裏でも両陣営が汚い言葉で罵り合う様子が、試合を主催する「トップランク」公式ツイッターでも紹介されており、バチバチの様子。過去2戦は1勝1分けと勝ち越しているフューリー。雪辱を期すワイルダーを返り討ちにしてベルトを守る覚悟だ。(THE ANSWER編集部)