前回対戦から3キロ増、過去最重量でフューリーと3度目の対戦へ

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは9日(日本時間10日)、現王者のタイソン・フューリー(英国)と前王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)が米ラスベガスで戦う。8日(同9日)は前日計量を実施。ワイルダーは238ポンド(約108.1キロ)となり、過去最重量に。その肉体に各メディアで注目が集まっていたが、フューリーの母国、英ファンからは冷ややかな声が上がっている。

 この肉体は吉と出るか凶と出るか。シャツを脱ぎ、計量台に立ったワイルダー。力こぶを誇示するようにポーズを取った上半身は筋骨隆々だ。いつも以上の迫力を感じさせたが、それもそのはず。過去最重量の238ポンドだった。231ポンド(約104.9キロ)だった前回対戦から7ポンド(約3.2キロ)から増量している。

 これに注目したのはフューリーの母国、英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者だ。「デオンテイ・ワイルダーがタイソン・フューリーとの第3戦に向けて、本気で体を大きくしてきた」。こんなメッセージとともに自身のツイッターに画像をアップしたが、英ファンを中心としたボクシングファンからは冷ややかな声が寄せられている。

 コメント欄では「大きくなった体を扱えればいいんだけど」「脚はまだ細いんじゃないか?」「これは効果的があるようには思えない」「次の言い訳は筋肉が大きすぎたって言うのかな」「衣装を似合わせるため?」「脚を見せてくれ」「スピードが死んじゃうじゃん」「また止められるぞ」といった声が大勢を占めていた。(THE ANSWER編集部)