ZOZOチャンピオンシップ、通算15アンダーで完勝

 米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ最終ラウンド(R)が24日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で行われた。単独首位で出た松山英樹(LEXUS)が通算15アンダーとし、今年4月のマスターズ以来となる米ツアー7勝目を記録した。後半11番では、10メートル近いロングパットを決めてバーディーを奪取。ラインの難しさが分かる映像をPGAツアーが公開すると「美しい」「何と爽快」などとコメントが寄せられている。

 見事に読み切った。1打差2位に後退して迎えた後半11番。10メートルの長いバーディーパットを、松山は打ち切った。ボールは向かって右側へ、大きく弧を描くようにスライスしていく。固まっていた松山も体を動かして行方を見守った。見事にカップイン。ボールが消えると右手でガッツポーズした。ギャラリーからは割れんばかりの歓声が鳴り響いた。

 首位に並んだ実際の映像を、PGAツアー公式ツイッターが公開。文面には「ヒデキによるバーディーとガッツポーズ。11番で決めてリードを広げる」とつづった。海外ファンからは「俺もこんな風に打てれば」「ヒデキはホームのギャラリーを楽しませているね」「美しい」「気持ちの良いパットだ」「なんと爽快」などとコメントが寄せられた。

 13番で再び単独首位に立ち、最終18番は圧巻のイーグルを奪って優勝を掴んだ松山。会心のバーディーパットにも称賛が集まっていた。(THE ANSWER編集部)