日本のギャラリーの姿を映像で公開「ヒデキの勝利を目撃するため…」

 米男子ゴルフツアーのZOZOチャンピオンシップが24日まで行われ、松山英樹(LEXUS)が通算15アンダーで優勝。4月のマスターズ以来となる米ツアー7勝目を挙げた。2年ぶりの日本開催となったこの大会。1日上限5000人のギャラリーが訪れたが、松山の優勝を見届けようとする現地の日本人ファンが用意していた“必需品”にPGAツアーが注目。海外ファンからも「最高の観客たちだ」「笑ってしまったが完璧だね」などと反響が寄せられている。

 これなら前に人がいても見られる。松山が優勝したZOZOチャンピオンシップの会場、千葉・アコーディア習志野CCに集ったギャラリー。後列はコースが見づらい状況だが、数人のファンは折り畳みチェアに立ち、高さを作って戦況を見つめている。中には小型の脚立を用意している人もいた。

 現地ギャラリーの映像をPGAツアー公式インスタグラムが公開。「日本のファンたちはヒデキの勝利を目撃する為に準備してきた」などと文面で伝えた。海外ファンにとっては物珍しい映像でもあったのか「最高の観客たちだ」「笑ってしまったが完璧だね」「はしご持ってきたのか」「大好きだ」「みんなマスクもしている! 意識が高いね」「良いね」などとコメントが寄せられていた。(THE ANSWER編集部)