大王製紙エリエールレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で最終ラウンド(R)が行われた。単独首位で出た原英莉花(日本通運)が1イーグル、2バーディー、1ボギーの68で回り、通算17アンダー。一時4人が首位に並ぶ大混戦を制し、約1年ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。会見では優勝のため、願掛けで禁酒をしていたことを明かし「宮崎で飲むのが楽しみです」と明るく話した。

 優勝決定前から、堪えきれなかった。一時は首位に4人が並ぶ大混戦。原は17番パー5で2オンに成功すると、8メートルのパットを沈めて劇的なイーグルを奪った。最終18番、決めればパーのウイニングパット前から涙を拭っていた。1年ぶりの優勝を決めると、感極まった表情でギャラリーの祝福に応えた。

 会見では「(有観客では)1勝目以来。温かい声援もいただき、嬉しかった」と喜びを口にした原。17番はティーショットが「あと1ヤードで池」の位置に着弾。「ここで止まったのは奇跡」と運も味方にスコアを伸ばした。

 昨年は国内メジャーで2連勝も、今年に入っては故障にも苦しみ、優勝がなかった。予選落ちした9月の日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯のあとは「やけ酒(笑)」。ここ約2か月間は、願掛けで禁酒をしていた。次週は宮崎で行われる今季最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ。「宮崎でお酒を飲むのが楽しみです」と笑った。(THE ANSWER編集部)