連載「幸せな高校選びへの挑戦」最終回:サイト開設3か月で予想以上の反響

 サッカー少年にとって、全国高校選手権は昔も今も変わらず憧れの舞台だ。多くの才能が強豪校の門を叩く一方、部活動には様々な課題も見え隠れする。その後の人生を大きく左右する「高校進学」が、幸せな選択となるために必要なことは――。全国の中学生年代の選手に向けて情報を発信する、元U-16日本代表GK中村圭吾さんの姿を追う「幸せな高校選びへの挑戦」最終回は、寝る間も惜しんでサイト運営を続ける理由に迫った。(取材・文=加部 究)

   ◇   ◇   ◇

 小学2年生からサッカーを始めて神奈川大学の体育会まで、本格的に続けてきた中村圭吾さんの周りには、巨大な仲間の輪が広がっている。それが構想からわずか約半年間で、高校サッカー部を実体験した卒業生たちのリアルな情報を集めたサイト「Foot Luck」を起ち上げられた理由だった。

「本当にありがたいことだと思います。人はみんなこれまでの付き合い方から、相手を信用するかどうかを決めますよね。僕はこれまでの人生で、何事にも全力で取り組み、友だちを選ばず嘘もつかず、心の底からみんなのことを仲間だと思ってきました。だから多くの人たちに『おまえに任せるわ』と支持をして頂いてきた。このサイトは、その信用を武器にみんなと一緒にやっているイメージです」

 起ち上げて約3か月間で、予想以上に好評を得た。特に保護者を筆頭に、指導者、関係者などからも感謝の言葉が集まってきたが、当然今後へ向けて改善点も多々残されている。

「取り敢えず初年度は、進路選択を迫られる7月に向けて、あるだけの情報を公開しました。まだまだ紹介できる学校の数、サイトのシステム、デザインなどブラッシュアップしなければならない点は少なくないです」

 最初に中学生を対象としたのは、高校進学がサッカー人生の最も重要な岐路だと考えたからだった。

「まずは中学生で地盤を固めて、来年度に向けて次は女子や大学の情報収集にも早く着手したいですね。カテゴリーを広げていくのが直近の目標になります」

 1993年にJリーグがスタートして、日本サッカーのトップシーンは明らかに急角度の右肩上がりを続けてきた。だが中村さんの感覚が正しければ、頂点のひと握りが輝き充実のサッカー人生を満喫する一方で、8割以上が高校時代に鬱屈した想いを抱えている現実がある。そしてその8割の選手たちが、極力高校とのミスマッチを回避し理想に近い部活を送れるように、中村さんは寝る間も惜しんでサイト運営を続けている。

「すぐにでも現状を変えなければいけない。そんな気持ちで始めました。それは本当に僕がやりたいことだった。だから収益を確保するために別の仕事があり、疲れても眠くてもやらなきゃいけない、とそういう状態ではないんです。サイト運営に取り組み始めて、本当にやりたいことだから睡眠を削ってでも時間を費やせる。それを実感しました」

山梨学院高校時代の中村圭吾さん(写真中央)【写真:本人提供】

部活を巡る進路問題は日本スポーツ界の根深い闇

 3桁を超える部員を集めた多くの強豪高校は、不都合な事情が漏れない体制を築き上げて華やかな結果を残してきた。サッカー小僧たちには表面的なチームの成績しか見えないから、強いかどうかでしか判断ができず、どうしても憧れだけで進路を選択する。こうしてミスマッチが連鎖してきた。

 結局、現実に部活に苦しみ不満を抱える選手たちは膨れ上がっていたわけだから、口コミサイトの誕生は時代の必然だったと見ることもできる。あとは中村さんのように、内情を知り「自分がやるしかない」と行動に移せる人間が現れてくるのを待つだけだった。

 この問題は、多かれ少なかれ誰もが気づいていたことだ。だがJFA(日本サッカー協会)や高体連も含めて、誰も真剣に変革を主導できず、解決を先送りにしている。

 改めて中村さんは言う。

「これはみんなのメディアであるべきだと思います。みんなが気軽に投稿できて情報を共有し、しかも役に立つ。これで学校側の意識改革や組織改革が進めば、僕らの役割も少しは軽くなるかもしれない。でもなかなか終わらない問題なんです」

 部活を巡る進路問題は、学校体育が軸を成す日本スポーツ界の根深い闇だ。誰も改革の音頭を取らない状況では、内からの叫びが変革促進の最も有効な手段なのかもしれない。

(連載終了)

■中村圭吾

 1995年10月28日生まれ。小学2年生からサッカーを始め、最初はDFだったが途中からGKに転向。山梨学院大学付属高校時代にはU-16日本代表に選出。神奈川大学でもプレーを続け、卒業後に就職し後に起業。株式会社Livaを経営しながら、今年サッカー関連サイト「Foot Luck」を起ち上げ、高校サッカー部OBの実体験に基づく声を集めた口コミサイトが好評を得ている。(加部 究 / Kiwamu Kabe)

加部 究
1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記〜青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。