「THE ANSWER the Best Stories of 2021」、エディー・ジョーンズが語る日本のスポーツ

 東京五輪の開催で盛り上がった2021年のスポーツ界。「THE ANSWER」は多くのアスリートや関係者らを取材し、記事を配信したが、その中から特に反響を集めた人気コンテンツを厳選。「THE ANSWER the Best Stories of 2021」と題し、改めて掲載する。今回は2月のラグビー・イングランド代表ヘッドコーチ(HC)エディー・ジョーンズ氏の「日本の勝利至上主義とトーナメント制の是非」。日本人の妻を持ち、東海大や日本代表などでも指導し、日本と深い縁で結ばれる世界的名将が日本のスポーツ界の課題について独自の視点で語った。(構成=THE ANSWER編集部・佐藤 直子)

 ◇ ◇ ◇

 日本では近年、勝利至上主義の是非について議論が沸いていると聞きました。各スポーツで採用されているトーナメント制が勝利至上主義を助長しているのではないか、という声も聞こえてきます。

 大前提として、試合で負けたいと思う人はいないでしょう。誰もが勝ちたいと願っているはずです。そして、私は全国規模のトーナメントが開催されることは何の問題もないと思っています。各地の代表となったベストとされる選手たちが、互いに対戦するチャンスがあることは素晴らしいこと。さらなる成長にも繋がります。

 ただし、大事なのは「選手が今、どのステージにいるか」ということ。小中学生のようなジュニア期の選手たちは、勝利よりも育成・成長にフォーカスが当てられるべきであり、そのためには日頃はリーグ戦を行いながら、学びの機会を増やしていくべきだと思います。

 子どもたちが基本的なスキルを磨いたり、競技の楽しさを知ったりするためには、負けたら終わりのトーナメント戦よりもリーグ戦の方が適したスタイルです。勝っても負けても、子どもたちは何かを学びます。勝敗に対してどんなリアクションを見せ、対応するか。

 この過程もまた、子どもたちを成長させますし、チームとしてプレーする醍醐味も知るでしょう。

ヘッドコーチを「監督」と呼ぶ日本…転換期の今、指導者に求められる「Guide」の役割

 指導者の中には「勝ちたい、勝たせてあげたい」という気持ちが強すぎるため、練習時間が長くなったり、練習が必要以上に厳しくなったりするケースもあり、子どもたちのスポーツ離れの一因にもなっていると聞きます。ここで一度、スポーツが持つ本来の目的を思い出すといいかもしれません。

 本来、人々がスポーツをするのはレクリエーション(=気晴らし、娯楽、保養)のためでした。体を動かすなど、何か日常とは違うことをして、仕事や勉強などの気晴らしをする。そんな楽しさが伴うものなので、キツく長い練習でスポーツが嫌いになってしまっては元も子もありません。今ではスポーツ以外にもゲームやSNSなど数多くのレクリエーションが存在するので、子どもがスポーツを諦めて他のレクリエーションを選んでも不思議はありません。

 元々、日本の長い練習スタイルは第2次世界大戦後の体育教育に端を発しています。戦後の混乱期にあった当時は、規律第一の教育が合っていましたが、時代は移り変わりました。より短い練習時間で子どもたちが勝敗を経験し、それに伴う楽しさを知るスタイルの方が、時代に合ったものと言えるでしょう。

 かつて、日本ではヘッドコーチを「監督」と呼んでいました。今でも監督と呼んでいる競技はありますが、「監督」とは英語で「ディレクター(Director)」のこと。つまり、何をするべきか指図する人を意味します。もちろん、コーチもチームの指揮を執りますが、今はより「ガイド(Guide)」に近い「導く」という役割が求められています。何が重要なのか、どうしたら上達するのか、コーチが子どもたちを導く。「コーチ=監督」の時代から「コーチ=助言者、メンター」という時代に変わってきたのです。世界的に見ても、今は大きな転換期にあるでしょう。

 私が東海大の指導者として日本にやってきた時、オーストラリアと大きな違いがあることに驚きました。日本ではコーチが選手の上に立つ構図ですが、オーストラリアではコーチと選手の立場は同じ、共に歩んでいくイメージでした。さらに興味深かったのが、選手もまたすべて指示されることを望んでいるのです。子どもの頃に指示されて育ってきたので、大学生になっても指示を待っている。逆に指示してもらえなかったら、指導してもらえなかったと思ってしまうのです。

 そこで私は選手に対するアプローチを少し変えることにしました。事前にその日の練習メニューを発表しないようにしたのです。それというのも、試合で勝つためにするはずの練習が、上手く練習をこなすための練習になっているように感じたからです。試合では何が起こるか分からない。だからこそ考える力が必要ですし、それを練習で養わなければならない。型どおりの練習を上手くできても意味がありません。

 以前、あるラグビーコーチが練習中ずっと「ミスをするな。ノーミスだ!」と怒鳴っている姿を見ました。ミスをしてもいいのです。ミスをしなければ分からないこともありますから。私は「70%の成功と30%の失敗」が人間の学びを促す比率だと考えています。成功と失敗から得る学びのバランスが大事。そこに成長のカギがあります。

日本で釘付けになった「甲子園」に思うこと、日常的に採用したいリーグ戦の意義

 日本で代表的なトーナメント大会と言えば、甲子園でしょうか。私も日本にいる時にテレビ観戦したことがあります。高校生があれだけ一生懸命にプレーする姿に、目が釘付けになってしまいました。多くのファンが夢中になるのも無理はない。ああいう伝統的な大会が存在することは素晴らしいことだと思います。

 もちろん、大会の運営方針や選手の健康状態には細心の注意を払わなければなりませんが、高校最後の年に全国各地から世代のトップが一堂に会するトーナメントは、選手たちにとって大きな意味を持つのではないかと思います。ただ、甲子園に至るまでの過程は、地域でリーグ戦などを行い、チーム全員が試合経験を積むことが大切でしょう。

 例えば、ラグビーの場合、60人の部員がいるチームがトーナメント初戦で負けてしまえば、ベンチ入りする25人が公式戦の経験を積むだけで終わってしまいます。これはおかしな話。60人の部員全員が試合経験を積めるような状況を作らなければなりません。そのためには、地域の実力が拮抗したチームでリーグ戦を行うことが最善策だと思います。

 オーストラリアには州単位のトーナメントがありますし、それぞれの覇者同士が対決するトーナメントもあります。でも、一般的なのは地域で開催されるリーグ戦です。10週にわたるリーグ戦であれば、多くの選手に出場機会が回ってきますし、勝敗から学ぶチャンスも広がります。

 東海大では、選手たちに試合経験を積みながら、チーム内での役割を理解し、個人としてよりもチームとして行動する強さを知ってほしいと伝えていました。先発出場できる時もあれば、ベンチスタートやベンチ外の時もある。その時、自分に与えられた役割を理解して、チームの勝利に向けて全力を尽くす。こういうラグビーの精神は、社会でも大いに役立つものでしょう。

 私が指導者として勝敗以上に喜びを感じることが2つあります。1つ目は、自分が指揮を執るチームが、まるでオーケストラのように一体となった動きを見せた時です。チーム全員が心を一つにプレーする様は本当に美しいものです。もう一つは選手の成長が見えた時です。ラグビー選手としてはもちろん、一人の人間として成長が垣間見えた時は本当にうれしい。指導者冥利に尽きるというものです。

 私はできることなら、国全体として指導者の育成プログラムを作るべきだと思います。国が主導する形で各団体や連盟が協力しあい、よりよいコーチを生む努力をする。指導者は時代の変化を感じ取りながら学ぶ姿勢を失ってはいけません。少なくとも、ジュニア期の子どもたちを指導するコーチたちには、勝利が全てではないこと、子どもたちから楽しさを奪わないことは意識してもらいたいものです。

■エディー・ジョーンズ / THE ANSWERスペシャリスト、ラグビー指導者

 1960年1月30日生まれ。豪州出身。現役時代はフッカーを務め、ニューサウスウェールズ州代表。92年引退。教職を経て、96年に東海大コーチになり、指導者の道へ。スーパーラグビーのブランビーズなどを経て、01年豪州代表HC就任。03年W杯準優勝。イングランドのサラセンズ、日本のサントリーなどを経て、12年日本代表HC就任。15年W杯は「ブライトンの奇跡」と呼ばれる南アフリカ戦勝利を達成した。同年、イングランド代表HCに就任し、19年W杯は自身2度目の準優勝。近著に「プレッシャーの力」(ワニブックス)。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)