世界最高得点のワリエワが日本で楽しみにしているのは…

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦ロシア杯は27日までソチで行われ、女子シングルでは15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が合計272.71点を記録。ショートプログラム(SP)、フリー、総合の全てで世界最高得点をマークし、優勝した。演技後はGPファイナルで大阪を訪れた場合、食べたい日本食などについて語ったようだ。ロシアメディアが報じている。

 SPで87.42点、フリーで185.29点と圧巻の演技を見せたワリエワ。ロシアメディア「sport24.ru」は、ワリエワが優勝後に応じた取材で語った内容を伝えている。今大会では、男子シングルを含めても最高得点を記録。「男子スケーターたちと競ってみたいと思いますか?」と問われ、こう答えている。

「いいえ(笑)。私は自分のカテゴリー(女子)で、が好きです。男子選手はより筋肉があり、より簡単にトリプルアクセルと4回転ジャンプが跳べます。私たち女子はこれらのジャンプを異なった様に跳びます」

 質問は大阪で行われる予定のGPファイナルにも及んだ。「あなたは初めて日本に行きます。食べられるならどのような食べ物を試してみたいですか?」と問われた15歳は「面白い質問です! スシを試してみたいです」と話し、日本を訪れた先輩たちがロシアに持ち帰ってきた“お土産”についても語っている。

トルソワたちが持って帰ってきたもの「とても美味しかった」

「私たちのグループのサーシャ(トルソワ)、アリョーナ(コストルナヤ)、アーニャ(シェルバコワ)が日本に行った時、彼女たちは私たちにフルーツ系のものなどの色々なお菓子を持ってきてくれました。それはとてもおいしかったです。もちろん外に出られれば、散歩したいのですが……コロナウイルスでバブルです。ですので、窓から(外を)見ています」

 同メディアは、今回の世界最高得点について問われたワリエワのコメントも紹介。「今日、私は自分の滑りに満足しています。コーチたちが私を褒めてくれたのに満足しています。私は滑りから喜びを得ました。私は最大限のことをほとんどしたと言うことができます」と手応えを口にしている。

 リンクで体現したいイメージについては「パントマイム」と回答。「私が小さかったころ、パントマイムを滑っていました。このテーマに戻りたいと思っています」と、エキシビションでやってみたいとも話している。SPの衣装を変えた理由については「今この衣装が以前の物より素敵に見えると思ったからです。私はこの衣装の方が気に入っています」と明かしている。

(THE ANSWER編集部)