鈴木がSNSで報告「入籍致しました」

 陸上・男子マラソンの日本記録保持者・鈴木健吾(富士通)が、女子マラソンで東京五輪に出場した一山麻緒(ワコール)と結婚したことを、自身のインスタグラムで報告した。2人でトラックを走る2ショット写真も公開。鈴木は「これからもお互い同じ目標に向かって、どんな時も支え合い、高め合いながら、私たちらしく日々精進して参ります」などとつづっている。

 26歳の鈴木は今年2月の第76回びわ湖毎日マラソンで、日本記録となる2時間4分56秒で優勝。日本人選手では初めての2時間4分台だった。24年のパリ五輪出場へ期待がかかる。24歳の一山は今夏の東京五輪に出場。8位となり、日本勢では2004年のアテネ大会以来の入賞を果たした。

 結婚を報告する鈴木の投稿では、2人がトラックを走る写真も公開。文面では「この度、ワコール女子陸上競技部の一山麻緒さんと入籍致しましたことをご報告させて頂きます」「これからもお互い同じ目標に向かって、どんな時も支え合い、高め合いながら、私たちらしく日々精進して参ります」とつづった。「まだまだ未熟な2人ではありますが、温かく見守って頂けると幸いです。今後ともよろしくお願い致します」とも記している。

(THE ANSWER編集部)