【ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」】情報を得るアンテナの精度を高める大切さ

 日本のスポーツ界とは今後どうあるべきだろう。変化を求め、そのために動いている人はどんどん増えてきている。それは確かだ。ではそれが大きなうねりとなっているかというと、まだそこまでの動きにはなっていない。Jリーグのジェフユナイテッド千葉、京都サンガF.C.で育成部長などを歴任し、サッカー育成指導者として幅広く活動している池上正さんが先日、こんなことを話していた。

「私はサッカーだけではなく、他のスポーツの指導者講習会に呼ばれることもあります。講演をした時に、『頭ごなしに怒鳴りつけるのではなく、子供たちに問いかけて子供たちの中から答えを見出していきましょう』というような話をさせてもらったのですが、元代表選手が私のところに来られて『本当に私もそういう取り組みをやりたい!』とおっしゃってくれたんですね。その方だけではなくて、いろいろなスポーツでもっといい環境にしたいという活動をされている方がいます。これはとても素敵なことですよね。ただ、スポーツ界全体はなかなか変わらない。不思議ですよね」

 世界の現場情勢に関する情報は、いろいろなツールで日本にいながら知ることができる時代。でもそれを見て、本気で危機感を抱いて、やるべきことを模索していかないと情報は目の前を通り過ぎていくだけだ。

 筆者の指導者仲間であり、プロフットサル指導者の中嶋孝行さんが、トレーニング中に子供たちに次のような興味深いことを語っていたことがある。

「例えば、君たちもSNSをするだろう? フォロー数が増えてくると、自分のタイムラインに上がってくる情報はどんどん増えてきてしまうよね。全部の情報を拾うことはできなくなる。

 その中で流れてくるはずの本当に必要で大事な情報にアンテナを張っていないと、それはただ素通りしていくだけだよ。プレーに関してもそうだ。なんとなくするのではなく、自分にとってどんな情報があるのかに気を配れるようになると、もっと良くなると思うんだ」

 アンテナを張ることの大切さはみんな口にするが、アンテナの精度を高めておかないと、そこから入ってくる情報は玉石混交。遠い別世界の話としてしか見てなかったら、正しい情報を取り入れることはできない。

ドイツで議論される将来を見据えた取り組み

 変わるきっかけがどれだけあっても変わることができない体質がそのままだったら、未来永劫に状況は好転しない。海外の現場を見に行く機会を増やせば良くなるのかといっても、物見遊山で表面だけ見ての視察旅行ではレポートを書いておしまいになってしまう。それでは次につながらない。

 感受性が高く、将来への危機感を持っていて、アイデアが豊富な人材の登用を積極的にできるようになることが大事だし、そのためにはそうした人材が持つ価値を持った人が人事を司る立場にいられるかが重要になったりする。

 日本のスポーツ界は五輪やサッカーのワールドカップ(W杯)のように、4年周期で考えられることが一般的かもしれない。でも根本的なことを改革するためには、この周期だけを見ていたら難しい。

 ドイツだとどうだろう? ここ数年間、ドイツサッカー連盟をはじめ指導者界隈でよく議論されているテーマは、《2024年にドイツで開催される欧州選手権でどうするか》だけではなくて、《2034年W杯に出場するであろう選手が育つ環境を作るにはどうしたらいいか》なのだ。

 その時に20〜25歳を迎え、主力選手として活躍するだろう選手というのは、今まさに小学校低学年でサッカーを始めている時期。その子たちがどのようにサッカーを始めて、どのようにサッカーを好きになって、どのように取り組んで、どのように育って、どんな選手になっているのが望ましいのかを真剣に考えているわけだ。そして、そのために様々な試みが行われている。長期的なスパンでスケジューリングをしていくことは、どのスポーツにおいても非常に重要だ。

「次の大会まであと4年しかないよ」という話を毎大会ごとにしていたら、いつまでたっても間に合わない。それを根本的なところから変えるためのスケジューリングや育成の取り組みへ、どんどん力を入れていくことが今後ますます求められるはず。

 新しいことにチャレンジしたり、自分を変えることを受け入れるのを怖がっていては、未来の希望はつかめないではないか。せめて自分のできるところから変えて、変わっていきたい。

(中野 吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

中野 吉之伴
1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。