松坂の引退セレモニーにイチロー氏がサプライズ登場

 今季限りで引退したプロ野球の西武・松坂大輔投手の引退セレモニーが4日にメットライフドームで行われ、マリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターのイチロー氏が登場。大きな感動を呼んだが、そのサプライズの一部始終を米メディアが公開すると、米ファンからも「なんてクールな瞬間」「イチローを愛さないわけにはいかない」などと反響の声が寄せられた。

 レジェンドの登場に米ファンも唸った。ホームベース後方に立つ松坂。オーロラビジョン映っていたイチロー氏がメッセージを送っていた。「許せ、大輔」というセリフを最後に球場内は騒然。48歳のレジェンドがスーツ姿でビシッと決めて、平成の怪物の元へ花束を渡しに現れたのである。約12秒間言葉を交わすと、イチロー氏は去っていった。

 ともにメジャーで活躍した2人の共演は日本のみならず、米国でも反響を呼んだ。この一部始終を米放送局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターが、西武公式SNSの動画を引用する形で公開。「日本で行われたダイスケ・マツザカの引退試合にイチローがサプライズ登場した」とつづると、米ファンからは「日本のロックスターたち」「なんてクールな瞬間」「日本の神」「すげーーー」「これ最高だ」「イチローは地球上で最もクールな人間だ」「イチローを愛さないわけにはいかない」「イチローのスーツ姿完璧だ」などと興奮の声が寄せられた。

 NPBで数々の名勝負を演じてきた両者。戦いの場を米国に移してもその真剣勝負は現地ファンを虜にしていた。時を経ても先輩レジェンドがサプライズ登場で後輩を労う姿は米ファンを感動させたようだ。

(THE ANSWER編集部)