「スポーツ界の名珍場面総集編」3月、優勝争いの中放った凄まじい一打とは

 世界屈指の飛ばし屋が、異次元のパワーを披露した。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、スポーツ界で記憶に残った出来事を振り返る「スポーツ名珍場面2021」。米男子ゴルフのブライソン・デシャンボーが衝撃的なビッグドライブを披露したのは、3月だった。優勝争いの中で放った飛距離377ヤード、湖越えの一打をPGAツアーが映像で公開。米ファンの度肝を抜いていた。

 まるでロケットのように飛び出していった。3月7日、アーノルド・パーマー招待最終日。6番パー5だ。上下白のウェアのデシャンボー。湖に向かってスタンスをとると、思い切りドライバーを振り抜いた。インパクトの直後に大歓声があがる。ボールは大きな湖を越え、キャリーでフェアウェーに着弾。転がってバンカーに入ったが、377ヤードという凄まじい飛距離を記録した。

 前日に続いて湖越えに挑戦し、見事成功したデシャンボー。6番は湖を反時計回りに半周する形状。全長は531ヤードあるが、デシャンボーは湖越えで一気に距離を稼いだ。PGAツアーの公式インスタグラムは「デシャンボー、377ヤードのティーショット」と文面に記して動画を公開した。

 目の当たりにした米ファンからも驚きの声が続出。「別次元」「これは異常」「何というバケモノ」「これ見た? 377ヤードの爆弾が池越え?」「凄まじいショット」「377ヤードドライブ……ありえない」「彼はいつも楽しませてくれる」「まだ背中を痛めてるなら驚きだ」「ブライソンのファンではないけど、これは豪快」「文字通り爆弾」などと書き込まれていた。

 2位から出たデシャンボー。このホールでバーディーを奪うなど、この日は2バーディー、1ボギーの71で回り、通算11アンダーで逆転優勝を飾った。

(THE ANSWER編集部)