「スポーツ界の名珍場面総集編」6月、サバシア氏の変身姿が注目の的に

 驚異的な肉体変化が、米ファンを仰天させた。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、スポーツ界で記憶に残った出来事を振り返る「スポーツ名珍場面2021」。6月、米大リーグのヤンキースなどで通算251勝を挙げたCC.サバシア氏の激痩せ姿が脚光を浴びた。現役時代と比較した写真を米メディアが公開。「キレキレだね」「凄い写真」と現地ファンの反響を集めていた。

 まるで別人のような体だ。サバシア氏の写真が2枚並べられている。左には、でっぷりとしたお腹がトレードマークだった現役時代の姿。ヤンキースのユニフォームを着ているが、ベルトが隠れるほどお腹が出ている。一方、右は同月にインスタグラムに投稿された1枚。ノースリーブのシャツを纏った姿で、筋張った腕には血管が浮き出ており、明らかにお腹周りがスッキリしている。

 2019年オフから減量に取り組んでいたサバシア氏。ピーク時は342ポンド(約155キロ)あったが、現在は280ポンド(約127キロ)まで減ったという。実際の画像を、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」公式インスタグラムが公開すると、ファンからは「凄い写真」「ビックリ!」「今100マイル投げられるんじゃない」「キレキレだね」「復帰すべし」「なぜ現役中にできなかったんだ」と驚きの声が寄せられていた。

 サバシア氏は、今季ア・リーグMVPを受賞したエンゼルスの大谷翔平投手を事あるごとに称賛。登板日にはわざわざタイマーをセットしていることを明かし、「オオタニファン」を自称していた。現在もトレーニングは続けているようで、インスタグラムではスリムな姿でゴルフを楽しむ様子などを公開している。

(THE ANSWER編集部)