マーベリックス戦前の練習での一幕

 米プロバスケットボール(NBA)のウォリアーズは5日(日本時間6日)、敵地でマーベリックスと対戦した。この試合前の練習で、コートサイドを歩くお婆さんへのボール直撃を防ぐステフィン・カリー(ウォリアーズ)の“神行動”が話題に。実際の映像を米メディアが公開すると、「命を救った」「このツイートよ広まれ」などと称賛の声が集まっている。

 スター選手による“救出劇”だった。アップをするカリーのすぐ近くでコートサイドを白髪のお婆さんがゆっくりと横切っていた。すると、背後からボールが飛んできた。バウンドした先にいたのがお婆さん。ボールの存在に気付かなかったようで、カリーはそれを咄嗟の判断で弾いた。もし直撃していたら危険な場面だった。

 実際の映像を米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」公式ツイッターが「ステフィン・カリーは市民の味方だ」と文面につづって公開。ファンからは「当たっていたら大変なことになっていたね」「このツイートよ広まれ」「スーパーヒーロー」「命を救った」「素晴らしい」「コートサイドで何していたんだ」「なんという英雄」などとカリーに称賛が多く寄せられた。

 3ポイントの名手として知られるカリー。先月、NBA史上最多3ポイント記録を更新して大きな注目を集めた。カリーの持つ広い視野と判断力が今回の“神行動”を呼んだのかもしれない。

(THE ANSWER編集部)