ソニーOP前半でスーパーショット、PGA「完璧なフロップショット」

 米男子ゴルフのソニー・オープン(ハワイ州ワイアラエCC、7044ヤード、パー70)は第2日、初日4アンダー24位の松山英樹(LEXUS)が絶妙ロブショットのチップインバーディーで沸かせた。前半6番でグリーンサイドから見事な一打を披露。PGAツアー公式ツイッターが速報するほどで、米ファンからは「本人の反応が薄いのも凄い」との声も上がっている。

 松山が小技で魅せた。前半6番パー4の第3打、グリーンサイドから放った一打は山なりのロブショット。ピン5メートル手前に落とすと、そのまま転がりカップに消えた。一気に沸き立つギャラリー。実況も「ヒデキー!!」と大興奮だったが、本人は右手を挙げただけで表情ひとつ変えないのが、松山らしい。

 PGAツアー公式ツイッターは「完璧なフロップショット」と動画付きで速報。米ファンからは「ナイスショット」「朝飯前だ」「美しい。本人の反応が薄いのも凄い」「金を生む」などの声が上がった。松山は前半5バーディー、2ボギーでスコアを3つ伸ばし、後半へ。さらなるチャージを発揮できるか。

(THE ANSWER編集部)