「女子ゴルフ・オフシーズンCHECK」、and per seとウェア契約結んだことを報告

 オフシーズンに入った女子ゴルフ界、3月のツアー開幕まで“ゴルフロス”を過ごしているファン向けに、選手の近況を紹介する「オフシーズンCHECK」。今回は今季初シードを獲得している金澤志奈(クレスコ)。新たに「and per se(アンパスィ)」とウェア契約を結んだことを報告し、実際に着用したものを公開した。

 新たなウェアで新シーズンに挑む。金澤が公開したのは3枚の写真。グリーンのアウターにグレーのミニスカートを合わせたものなど、洗練された女性らしいデザインのウェアを3パターン着こなしている。投稿では「ご報告」とし、「この度and per se 様と契約させていただくことになりました!! 今シーズンからand per seのウェアと共に戦っていきます」と決意を記した。

 ファンからも「結構似合ってる」「スタイルいいから」「2枚目のウェアが好きです」「かっこいい! かわいい」「明るいカラーが多いから似合うね」「オレンジめっちゃ似合う」との声が寄せられ、好評の様子。選手仲間の柏原明日架も「似合ってるー!」と反応した。

 26歳の金澤は勝みなみや小祝さくらなど黄金世代と同じ2017年のプロテスト合格組。同年のステップ・アップ・ツアーで1勝した。昨季は伊藤園レディス(21年)2位に入るなど、優勝争いにも顔を出し、賞金ランク24位で初のシード権も獲得。オフシーズンはスポンサー回りなど忙しく過ごしているが、and per seとともに初優勝を目指す。

(THE ANSWER編集部)