新春独占インタビュー後編―ラグビー発祥の地・イングランドが取り戻した誇り

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準優勝したイングランドを率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)。2003年大会以来2度目の優勝こそならなかったが、イングランドにとっては自国開催で1次リーグ敗退に終わった2015年大会の悪夢を振り払う快進撃は、日本大会のハイライトだった。前回大会では日本代表のHCも務め“ブライトンの奇跡”を演出し史上初の大会3勝をもたらした、日本でもお馴染みの世界的名将が「THE ANSWER」の新春インタビューに登場。前後編でお届けする。

 後編は日本大会でのイングランドの戦いと、準決勝のニュージーランド戦で見せた「V字」について。オールブラックスのハカに「V字」で応戦した狙いとは――。“エディー流”の機微が明かされた。

 ◇ ◇ ◇

 2019年11月2日。W杯日本大会は南アフリカが3度目の優勝を飾り、幕を閉じた。44日間にわたるトーナメントで最後の最後に涙を呑んだのが、エディー氏が率いるイングランドだった。決勝戦は前半10分に南アフリカがSO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラードのペナルティーゴール(PG)で3点を先制すると、ここから両チームは互いに譲らずPG合戦を展開。後半20分過ぎまでPGによる得点のみで、イングランドは南アフリカを12-18の僅差で追いかけていた。だが、後半26分にWTB(ウイング)マカゾレ・マピンピがトライを決めた南アフリカが、試合終了直前の後半34分にもWTBチェスリン・コルビがトライ。結局、イングランドは12-32で敗れ、準優勝の悔しさを味わった。

 あれから約2か月が経ち、当時を振り返るエディー氏は「決勝戦のような大一番に負けると、もちろんガッカリはします。勝てなかったという傷は残ります」と穏やかな口調で語り始めた。

「傷は残りますが、その中でも良かったことは何だったのか、どの点だったのか、しっかりと目を向ける必要があると思います」

 決勝戦が終わった後の記者会見やミックスゾーンでのこと。メディアから投げかけられた質問は「敗戦」にフォーカスされたものが大半で、「準優勝」という好成績を称えるものはごく一部だった。これに業を煮やしたエディー氏は、ミックスゾーンで半ば呆れた表情で「負けた負けたと言うけれど、W杯で2位、世界で2位になったんですよ」と返答。“ラグビー発祥の地”という肩書きを持つがゆえに期待値が高まり、「良かったこと」に目を向けないメディアに釘を刺す場面があった。

「開催国だった2015年にイングランドは8強入りを逃し、決勝トーナメントまで進めませんでした。そこからチームを建て直し、日本大会では世界2位まで押し上げることができました。もちろん、決勝戦で負けたことにはガッカリしています。それでも、大会を通じて素晴らしいラグビーができましたし、本来のイングランドが持つプライドは取り戻せたと思います」

イングランドの失地回復を目指し、エディー氏はメンバーの若返りを図った【写真:小倉元司】

失地回復の至上命令、イングランドHCに就任したエディー氏が取りかかったのは…

 2015年12月、イングランド代表HCに就任したエディー氏がまず求められたのは、代表チームの建て直しだった。オーストラリア人のエディー氏は、イングランド代表史上初の外国人HC。8度目のW杯で初めて8強入りを逃したイングランドが伝統国の系譜に終止符を打ってまで、失地回復のために白羽の矢を立てた人物だった。

 長く継続的に勝てるチームを作るため、エディー氏はメンバーの若返りを図った。日本大会でもFL(フランカー)には21歳のトム・カリーと23歳のサム・アンダーヒルを起用。試合登録メンバー23人の平均年齢は27歳で、1996年の本格的プロ化以降、W杯決勝戦では最も若いチームだった。エディー氏はここに、W杯3大会出場のPR(プロップ)ダン・コールやSH(スクラムハーフ)ベン・ヤングスら経験豊富なベテランを加え、「経験とエネルギーの統合」を図った。

「若い選手を育てながら勝つためには、経験のある選手が必要です。彼らは負けた経験も勝った経験も持っている。勝たなければいけない時は何をするべきか、良く分かっています。つまり、ベテランが先生の役割を果たして、若い選手を育ててくれるのです。一方で、若い選手たちはチームにエネルギーをもたらしてくれる。経験とエネルギーを統合すると、すごくいい強いチームになるわけです」

 もちろん、決勝で敗れた事実が消えることはない。イングランドは何が足りなかったのか、何が間違っていたのか、何を改善することができるのか。黒星と向き合うことが、今後の成長に繋がる。

「決勝でなぜ十分な力を発揮できなかったのか……。その答えは探し出さないといけません。現在は問題点を洗い出している段階で、まだ答えにはたどり着いていません。ただ、私個人としては、今回のチームを誇りに思っています」

 惜しくも2度目のW杯優勝は逃したが、若いチームで準優勝までこぎ着けた自信は、次回2023年のフランス大会への期待を大きく膨らませるものとなった。

ラグビーW杯の準決勝・ニュージーランド戦で披露した「V字陣形」【写真:Getty Images】

ニュージーランド伝統のハカにV字陣形で応戦「観客にワクワク感を」

 日本大会では、イングランドが話題をかっさらった瞬間があった。それは準決勝・ニュージーランド戦のキックオフ前、オールブラックスが誇るおなじみのハカにV字陣形で応じた場面だ。会場となった横浜国際総合競技場は大きなどよめきに包まれ、その直後から各種メディアやソーシャルネットワーク上ではV字陣形の話題で持ちきりに。イングランドの応戦に虚を突かれたのか、巧妙な攻守に翻弄されたニュージーランドは準々決勝までの圧倒的な強さは影を潜め、後半にやっと1トライ1ゴールで7点を挙げたのみ。イングランドが19-7のスコア以上に圧倒する試合展開で、決勝への切符を手に入れた。

 それでは王者ニュージーランドの調子を狂わせたV字陣形は、一体誰のアイディアだったのか――。試合後、イングランド代表の選手たちは口々に「ボス=エディー氏」の名前を挙げた。その真相をエディー氏に直撃すると、自身の発案であることを認めながらうれしそうに笑顔を広げた。

「実はハカについて、事前にリサーチをしたんです。すると、ハカは『ここは俺たちが守る場所だ。かかってこい』と相手に挑むメッセージの意味を持っていました。みんなハカを踊る時、大地を足でしっかり踏みしめるでしょう。つまり、この挑戦的なメッセージを受けた相手がチャレンジで応えることは、リスペクトを示すことになるわけです」

 ニュージーランドに最大限の敬意を示しつつ、自分たちの結束力や強さを伝える形としてイングランドが選んだのがV字陣形だった。だが、エディー氏によると本来は半円を描く予定で、V字は“ミスの産物”だったという。

「私のアイディアでは、自陣の10メートルラインを越えないように半円を描いて、オールブラックスのチャレンジを受け止める予定でした。ルール上、10メートルを越えてはいけないことになっていますから。なのに2、3人の選手が越えてしまった(笑)。そんなミスもあって、半円ではなくV字になってしまいました」

 形こそ、まさかのV字になってしまったが、あの場面で客席のボルテージが一気に上がったのは狙い通りだった。

「ハカによるチャレンジを受けたかったし、観客にもワクワク感を与えたかったんです。オールブラックスがハカを演じる時、対戦相手は立ったまま拍手を送るのが定番でした。でも、私はハカに応じることで、試合を見る人々に『この試合は何か違う展開になるから楽しみにしていてね』というメッセージも送りたかったんです。大成功? 楽しかったです(笑)」

 エディー氏はイングランドに誇りを取り戻させたばかりか、後世に語り継がれるであろう名場面も演出した。世界を代表するHCとして、さらに評価を高めた日本大会は、エディー氏にとっても記憶に残る大会となったに違いない。(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)