第1回バルーンW杯、白熱の試合映像が世界でバズ状態

 スポーツ界に生まれた新たな「ワールドカップ」が日本を含め、世界中でバズっている。その名も「バルーン・ワールドカップ(W杯)」。その名の通り、風船を使った新競技のW杯がこのほど行われ、その様子がネット上で公開されると、再生1200万回を超えるものも出現。「この競技をオリンピックに加えて!」「くだらないのに釘付けになる」と絶賛されている。

 スポーツ界に新風だ。スペインで記念すべき第1回大会が行われたのはバルーンW杯。車、ソファ、デスクなど、さまざまな障害物が置かれた“リング”で2人の選手たちが風船を交互に打ち合い、落とさないようにつないでいく。巧みに車を使ったり、フェイントをかけたりしながら、懸命に打ち合う。実況は終始絶叫。白熱した試合は思わず釘付けになってしまう。

 英公共放送「BBC」によると、サッカー元スペイン代表のジェラール・ピケらが主催した大会。8メートル×8メートルのコートで実施され、32か国が出場し、初代王者にはペルーのフランチェスコ・デ・ラ・クルーズが輝いたという。大会公式ツイッターが試合映像を公開すると「この競技を五輪に加えて!」の声も飛び、ネット上でバズ状態に。再生1200万回を超えた動画もある。

 日本でも「絶対面白い」「車がいい仕事してる」「くだらなさすぎるのに釘付けになる」「めっちゃ楽しそう」と絶賛の嵐。さらに「昔、家で弟たちとやってたな」「これ子供の頃に家の中でやってオカンに叱られてた」「中学時代、教室でやってた!」「むちゃくちゃ楽しくて、無限に遊べます」と懐かしむ声が少なくなかった。日本でもブームになるかもしれない。(THE ANSWER編集部)