廃棄物ゼロをコンセプトにしたカフェ&バー『æ(アッシュ)』が渋谷にオープン

Retina main

「zero-waste」(廃棄物ゼロ)をコンセプトとしたカフェ&バー『æ(アッシュ)』が2022年5月30日“ごみゼロの日”に渋谷・神南にオープンしました。
サスティナブルでありつつ、バリスタチャンピオンのつくる世界トップレベルのコーヒーとコーヒーカクテルの世界を楽しめます。

廃棄デニムを使った壁面素材のブルーグレイが特徴の店内は、大きな採光部を活かした明るくクリーンな雰囲気が魅力。

カフェで最も多い廃棄物のコーヒーかすは、三浦半島の青木農園で肥料化。
収穫した野菜をメニューに取り入れて循環させたり、かすそのものをカクテル材料としても活用しています。

さらに店舗で破損したコーヒーカップや皿を回収して肥料にする「BONEEARTH(ボナース)」と提携し、メニューやショップカードはQRコードに置き換えてペーパーレスとするなど、様々なアイデアを試行・実行しています。

コーヒーはバリスタチャンピオン監修のオリジナルブレンドを使用

Retina sub1

写真左から、バー業界で今世界で最も注目されるバーテンダーの一人、後閑 信吾氏、世界トップレベルのバリスタ、石谷 貴之氏

ドリンクの鍵となるコーヒー豆は、「JAPAN BARISTA CHAMPIONSHIP」で2017年、2019年と2度の日本チャンピオンを獲得するなどコーヒーシーンにおいて数々の実績を収める石谷バリスタが監修する「æ」オリジナルブレンドを使用しています。

Retina sub2

石谷氏が配合を決定し、浅煎りは「Leaves Coffee Roasters」に、深煎りは「Obscura Roasters」にと、それぞれ得意とするロースターへ焙煎を依頼。

シングルオリジン全盛の今だからこそ、あえてバリスタの経験と個性を表現できるブレンドを採用し、年間を通じてブレない味わいと、コーヒーの面白さと奥深さを発信していきます。

カクテルメニューは異なるコンセプトの2種類がラインナップ

Retina sub4

Retina sub5

カクテルメニューは「Coffee Cocktails」「Zero-Waste Classics」とコンセプトの異なる2つのラインナップが用意されています。

「Coffee Cocktails」は、エスプレッソマティーニなどのスタンダードや、コルタード、フラットホワイトなど、カフェのコーヒーメニューをカクテルにアレンジ。

エスプレッソマティーニは、苦味がアクセントのクラシックな深煎りと、華やかなゲイシャ種を用いたフルーティーな浅煎りがあり、お好みで選ぶのはもちろん、飲み比べをして違いを比べてみるのもおすすめです。

「Zero-Waste Classics」は、SG Groupの各バーのカクテルを仕込む際に出る副産物や一度抽出した素材を活用して新しい一杯を創造。

『æ』オリジナルのクラシックカクテルシリーズで、抽出後のハーブやスパイス、果実など、今まで廃棄していた食材を別の角度から見直すことで、生まれ変わった新鮮なフレーバーを引き出しています。

コーヒーとの相性抜群!オリジナルスイーツも用意

Retina sub6

「オリジナルカヌレ」

コーヒーとの相性抜群のスイーツも用意されています。
姉妹店で焼き上げる「オリジナルカヌレ」は、「コーヒーチェリー(コーヒー豆の生産時に捨てられてきた果肉部分)」を使用することで、独特の酸味と甘味が楽しめます。

店舗情報

『æ(アッシュ)』
住所:〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−2 川村ビル1F
電話番号:03-5990-4786
営業時間:10:00〜23:00
定休日:火曜日

https://www.instagram.com/ash_jinnan/

ライター

ARETTO