『しゃぶ禅』の“胡麻だれ”がメインの新業態が東京・虎ノ門にオープン

Retina img 5491

東京・虎ノ門駅より徒歩1分ほどの場所にオープンした、胡麻だれ担々うどん専門店『ごまいち』。

このお店は、しゃぶしゃぶ・すき焼き専門店の日本料理『しゃぶ禅』の「胡麻だれ」をメインに味わうことができるよう、胡麻だれを使用した胡麻だれ担々うどんを提供する新業態です。

オフィスビルに囲まれた場所にあり、駅からも近いのでサクッと気軽に寄ることができますよ。

Retina

店内はカウンター席がメインとなっていて、お一人様でも入りやすい雰囲気。
テーブル席も2席ほど用意されていたので、4名程度であれば大人数でも一緒に座ることができます。

なんと、すでに二号店として飯田橋にも8月30日に『ごまいち 飯田橋店』がオープン。
今後の店舗展開も気になるところですね!

10種類以上のトッピングからチョイス!自分好みの「胡麻だれ担々うどん」を

Retina img 5487

メニューは大きく分けて「胡麻だれ担々うどん」と「胡麻だれクリーミーカレーうどん」の2種類。
そこに「ローストビーフ」や「豚しゃぶ」、「パクチー」、「九条ネギ」など10種類以上のトッピングから自分の好きなものを追加していきます。

『しゃぶ禅』の新業態ということで、お肉にもこだわっているということなので、まずは人気の「ローストビーフ 胡麻だれ担々うどん」をいただきました。

Retina img 5488

ひと口食べた瞬間、胡麻の香ばしい香りが鼻を抜けます。
なんとこの『しゃぶ禅』自慢の秘伝の「胡麻だれ」は、鮮度を大切にし、非加熱、無添加、化学調味料不使用という独自の製法で毎日店舗で仕込んでいるのだそう。

国産野菜、鶏ガラなどのスープとすり胡麻を合わせ、ニンニク、醤油などを吟味した十数種類の素材で仕上げられた風味豊かでコク深い味わいの胡麻だれは、これだけで食べたいくらい絶品です。

胡麻だれがよく絡むよう細めに調整したという麺も、しっかりコシや弾力があり、食べ応え抜群!

種類豊富な調味料で“味変”を楽しんで!

Retina img 5490

卓上には自家製ラー油をはじめ、タバスコや胡麻、煮干し酢、唐辛子が用意されていて、自由に使うことができるので、味変をして楽しむのがおすすめです。

Retina img 5328

特に自家製ラー油は、プラスするとほんのり甘さを感じた後に、ラー油のピリッとした辛さが後を追い、なんだかクセになる味わいに。

一皿でしっかり量があるのですが、さまざまな味変ができるので、飽きずに最後まで美味しく食べられるというのも嬉しいポイントですね。

クリーミーだけどしっかり胡麻の旨味を感じる「カレーうどん」

Retina img 5489

そしてこちらはシンプルな「胡麻だれクリーミーカレーうどん」。

カレーうどんでありながら、3分の1は胡麻だれが入ったカレールーのため、かなりコク深くまろやかな味わい。
そのまま食べるとほとんど辛さは感じませんが、こちらも自家製ラー油を少し入れることによって、ピリっとした刺激を感じることができます。

胡麻の旨味を感じつつ、一度食べるとクセになる新感覚のカレーはぜひ体験してみてほしい一品です。

17時までライスが無料!シメに投入でリゾット風に

Retina img 5492

なんと嬉しいことに、17時まではご飯が無料で注文できるというサービスが!

ご飯はカレーうどんのルーにはもちろん、胡麻だれ担々うどんの胡麻だれ坦々とも、リゾット風になり相性抜群なのです。

うどんの麺を食べ終わった後は、ご飯をインしてまた違った味わいを楽しんでみてはいかがでしょう。

おわりに

今回、胡麻だれが最も生きる食べ方はなにかを試行錯誤した結果、胡麻だれがよく絡む太さに調整することができ、かつほどよい塩味のあるうどんが1番最適だったことからうどん専門店として『ごまいち』をオープンさせたのだそう。そんなこだわりの胡麻だれ×うどんのコラボレーションを味わいに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

店舗情報

『ごまいち』虎ノ門店
住所 :東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門ビル1階 電話番号 :03-6811-1504
営業時間 :11:00~21:00(L.O. 20:30)
定休日 :日曜祝祭日
アクセス :日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」B4出口より徒歩1分
銀座線「虎ノ門駅」B5出口より徒歩1分

https://www.shabuzen.jp/gomaichi-iidabashi/

ライター

izumi
美食は人生を最大に謳歌する三大要素のひとつと信じるミーハー女。 日頃の日課といえば、トレンド情報の収集。一応、編集長やってます。