総務省の情報通信白書によると、2017年のスマートフォンを含むモバイル端末の世帯保有率は94.8%とされています。今や私たちの生活に欠かせないものとなった携帯電話やスマートフォンですが、節約を考える際に気になるのが固定費として毎月発生する通信費。そこで今回は、節約とお金の情報サイト「電気屋さんのWi-Fi入門書」を運営する株式会社エスタイルが行った「携帯とインターネットの月額料金に関するアンケート調査」から、通信費の相場と通信回線の選択方法について解説します。

月額通信費の相場は1万円強と判明!

同調査によると、携帯電話の月額料金と端末料金、通信回線の月額料金を合わせた、月々のインターネット料金を尋ねた質問では、ポケットWi-Fi WiMAX利用者は10,289円、光回線利用者は12,593円が相場となっています。

そのうち、各通信回線の月額料金に着目してみると、以下のような結果になりました。

 

出典:電気屋さんのWi-Fi入門書「携帯とインターネットの月額料金に関するアンケート調査」

出典:電気屋さんのWi-Fi入門書「携帯とインターネットの月額料金に関するアンケート調査」

ポケットWi-Fi WiMAX利用者の場合は「〜4,000円」と答えた人が34.5%と最も多いのに対し、光回線利用者の場合は「〜5,000円」の割合が31.2%と最も多くなっています。それぞれの平均金額を見てみると、ポケットWi-Fi WiMAX利用者は3,248円、光回線利用者は4,359円と、約1,000円の差があることが分かりました。

ポケットWi-Fiと光回線、どっちがおすすめ?

通信回線を考える際、通信費を重視する人は少なくないはず。しかしながら、実際にインターネットを使う時には、速度や安定性なども気になるものです。自分の希望に合った通信回線を選ぶ際に参考になるのが以下のチャートです。

出典:電気屋さんのWi-Fi入門書「携帯とインターネットの月額料金に関するアンケート調査」

一般的に、光回線は通信速度と安定性に優れ、ポケットWi-Fiは外出時にも使用できる利便性の高さと、料金が比較的安いことがメリットとされています。最近では使用中の携帯電話と同じ会社が提供する回線を選択することで、割引が使えるお得なプランも登場しているため、携帯やスマートフォンと同じ会社で検討するのもおすすめです。

まとめ

新生活に向けて引越しをしたり、家族構成が変わったりする人も少なくないこれからのシーズンは、自宅のWi-Fi環境を見直して、家計のスリム化を図るのに良いタイミングです。しかし、光回線の契約によっては、契約期間が設けられている可能性もあり、解約時に高額な違約金が発生する場合があるため、注意が必要です。現在契約しているプランの内容を確認した上で、ライフスタイルに合ったサービスを慎重に選んでくださいね。

【調査概要】
調査対象:400名
調査内容:携帯とインターネットの月額料金に関するアンケート調査
調査期間:2020年2月20日(月)〜2月24日(金)

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:株式会社エスタイル