「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」とは、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から、「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの基準を設定し、国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社の膨大なデータをもとに、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定したランキングです。
今回は2021年9月に実施した「本当に住みやすい街大賞2021 in 広島」にランクインした街について、それぞれどのような点が評価されているのか詳しく紹介します。

広域公園前ってどんな街?

「広域公園前駅」は、広島市安佐南区に位置する広島高速交通広島新交通1号線(アストラムライン)の駅です。広島駅へは約50分で行くことができ、始発駅のため座って移動することも可能。
新興都市「ひろしま西風新都」の開発が進行中で、緑豊かな公園や商業施設、幼稚園や保育園などが街区内に配置され、街並みが整備されている点も魅力です。
駅から車で約1分の場所には陸上競技場や球技場、テニスコートなどを備える「広島広域公園」もあり、休日にスポーツも楽しめるエリアです。

【発展性:3.84点】計画的に整えられた街並みが広がり、アストラムラインの延伸にも期待

新興都市「ひろしま西風新都」の開発が進んでおり、計画的な街づくりが行われているエリアです。なかでも駅から車で約11分の「セントラルシティこころ」や、車で約6分の「西風新都グリーンフォートそらの」など、手頃な価格が魅力の新しい街区が人気を集めています。
また、2028年以降、同駅が始発駅となるアストラムラインが西広島駅まで延伸される予定で、交通手段の発展にも期待が高まっています。

【住環境:3.84点】緑豊かな自然と利便性が共存する住みやすい環境

駅周辺から商業施設などに向かう場合は車やバスが主な移動手段となり、駅から車で約1分の「広島広域公園」にはテニスコートや球技場、大型スタジアム「エディオンスタジアム広島」などがあり、自然の中でスポーツを楽しめます。
車で約7分の場所には、大型アウトレットモール「THE OUTLETS HIROSHIMA」があり、休日のショッピングにも利用できるなど、買い物環境にも恵まれています。
「ひろしま西風新都」内には「フレスポ西風新都」などの商業施設や「マックスバリュ西風新都店」といったスーパーのほか、クリニックビル「ゆめビル」もあり、衣食住をカバーするバランスの良い住環境です。

スーパーやドラッグストア、クリニックなど、普段使いにうれしい店舗が入る「フレスポ西風新都」

【交通の利便性:3.17点】アストラムラインの始発駅、都心部へも通勤・通学圏内

主な公共交通機関はアストラムラインと路線バスです。広島駅へはアストラムラインを使って約50分。まず新白島駅か大町駅へ行き、そこから新白島駅はJR山陽本線、大町駅はJR可部線に乗り換えます。広島市中心部方面へは多少時間がかかりますが、広域公園前駅は始発駅になるため、通勤・通学などの際も時間帯によって座ることができるのはメリットと言えるでしょう。

また、駅から出ている路線バスを使い横川駅まで行き、JR山陽本線に乗り換えれば、アストラムラインを使うよりも約10分速く広島駅へ到着することも可能。状況に応じて交通手段を選ぶことができます。

【コストパフォーマンス:3.34点】広島市中心部と比べて半額以下の物件もあるハイコスパエリア

コストパフォーマンスは高いほうですが、駅から徒歩15分以上の物件が中心です。近年は新築マンションの物件数が少なく、中古マンションの場合、100平方メートル以上の大型住戸が2,000万円台、新築戸建ては3,000万円を切る水準で、広島市中心部と比べると半額以下と言えます。

「セントラルシティこころ」や「グリーンフォートそらの」といった新興住宅エリアの場合は、新築戸建てで4,000万円台からが相場となりますが、豊かな自然と豊富なバス便によるアクセスを考えるとコストパフォーマンスは悪くないと言えるでしょう。

【教育・文化環境:3.50点】自然の中で遊べる公園、区内の大学へも好アクセス

「セントラルシティこころ」や「グリーンフォートそらの」などの新興住宅エリアでは計画的な都市形成が行われており、小・中学校、保育園、幼稚園が住宅地内にあるので子どもを通わせやすいのが特徴です。
周辺には緑も多く「セントラルシティこころ」内には、開放感のある空間や水辺が広がる「レイクサイド公園」が、「グリーンフォートそらの」内には「そらの中央公園」をはじめとした4つの公園があるなど、住宅地内でのびのびと子どもを遊ばせることができます。

「エディオンスタジアム広島」では、幼児や小学生も参加できるホッケー教室やテニス教室を開催されるなど、スポーツにも気軽に親しめる環境です。
駅からすぐには「私立広島修道大学」、車で約10分の距離には「公立広島市立大学」があるなど、安佐南区内の大学にアクセスしやすいのもポイントでしょう。

多目的ステージや遊具、遊歩道もあり散策するのが楽しい「レイクサイド公園」。駐車場の数には限りがあり、周辺道路は駐車禁止となっています

【選定委員会による総括】生活利便性に優れた、今後の発展が楽しみなエリア

アストラムラインの始発駅である「広域公園前駅」は、新興都市「ひろしま西風新都」の開発に伴い、洗練された街並みが広がる緑豊かな街です。広島市中心部へも通勤・通学圏内で、車で少し行くと大型アウトレットモールやショッピング施設にもアクセスできるなど、多彩なニーズに対応する住環境が魅力と言えます。
また、新興住宅の街区では住宅地内で子どもが遊べる公園があるなど、子育て世代にもうれしいエリアです。広島市中心部と比較して割安な物件も多いので、ぜひ引っ越し先の候補に入れてみてくださいね。