コロナ禍の長期化やそれにともなうテレワークの導入をきっかけに、都会を離れて地方に移り住む「地方移住」に関心を寄せている人は少なくないでしょう。地方で暮らすことにどれだけの人が関心を持ち、どのような理由で移住を決めているのでしょうか。

約3割の人が「地方移住に関心あり」

高知市が、地方移住への意識調査を実施。地方移住をする予定があるか問うと「地方移住に関心はあるが、検討に至っていない」人が18.5%、「地方移住に関心があり、情報収集をしている」人が3.5%、「地方移住する予定」と回答した人が2%という結果に。2020年以前に地方移住をした人は5.5%、2020年以降に地方移住をした人は1.7%で、合計31.2%の人が地方移住済み、もしくは地方移住に関心があることが明らかになりました。

出典:高知市「地方移住への意識調査」

若年層を中心に高い、地方移住への関心

既に地方移住をした、もしくは地方移住に関心があると回答した552名を年代別に見ると、年代が低くなるほど地方移住への関心が高いことがわかりました。最も移住への関心が高いのは20代で21.8%)、移住への関心が最も低いのは60代以上で13.6%という結果になり、60代以上と20代で比べると1.6倍の差があることがわかりました。検討層に関しては、30代が最多で7.9%と、20代の7.4%を僅差で上回りました。

出典:高知市「地方移住への意識調査」

地方移住に対する関心と勤務体制の関係は?

既に地方移住をした、もしくは地方移住に関心があると回答した552名を勤務体制別に見ると、リモートワークが多く「地方移住への関心がある」と回答した人は22.2%、出社勤務が多く「地方移住への関心がある」と回答した人は20.9%という結果に。リモートワークが多い人と出社勤務が多い人を比較し、移住に対する関心の差は僅かであることがわかりました。
一方で、リモートワークが多く「地方移住を検討している」人は12.5%、出社勤務が多く「地方移住を検討している」人は5.9%という結果になり、リモートワークが多い人は出社勤務が多い人と比べ、地方移住検討者の割合が高いことがわかりました。

出典:高知市「地方移住への意識調査」

コロナ禍により、約3割の人が移住に興味

コロナ前後で地方移住に対する関心の変化はあったかという問いには、29.2%の人がコロナ禍で「地方移住への関心が高まった」回答。67.4%の人が「変化はない」と回答しました。

出典:高知市「地方移住への意識調査」

地方移住を後押しするのは、身の回りの状況の変化やコロナの影響

地方移住をした、もしくはしたいと思った理由を調査したところ、1位は「ゆとりのある生活をしたい」、2位は「自然の多い環境で生活したい」、3位は「人が少ない安全な地域へ行きたい」、4位は「家族や友人の近くで生活したい」、5位は「テレワークなど働き方の変化」という結果になりました。
移住を決めた理由は、1位が「家族の変化」、2位が「仕事の変化」、3位が「生活の変化」、4位が「経済的変化」、5位が「価値観の変化」、6位が「コロナの影響」となり、コロナ禍である現状が少なからず、地方移住に対する意識に変化をもたらしていることが伺えました。

出典:高知市「地方移住への意識調査」

実際に地方移住をした人の回答を見ると、20代からは

・コロナ禍では、人との接触が少ないため地方移住は安心できる(鹿児島県、製造業、20代男性)
・交通便があまりよくないが、のんびりと暮らせる。知らない土地だとどこがいいのかわからないなどの立地の良さなどもあるので、相談相手がいると良いと思う(熊本県、情報通信業、20代女性)

といった声が。30〜40代からは

・自然が好きで人混みが嫌いなのでとても居心地良いです。都会にも魅力はありますが、都会には無い豊かさがあるのに気づけて良かったです(奈良県、製造業、30代女性)
・地方でも可能な仕事をわざわざ都会で行う事はないと思う。職種にもよると思うが、経理等の仕事は地方で充分と思う(山口県、製造業、40代男性)」
・理想と現実のギャップをどのように埋めるかが大事だと思います(沖縄県、建設業、40代男性)

など、住みやすさを重視した人や、仕事ができる環境課を考慮した人の意見がありました。また、60代の地方移住者からは

・これから過ごす時間を考慮することが大事だと思います。年齢を重ねると大事なことが変わるので。医療とか生活の利便性がとても大事になると思います(山梨県、卸売業・小売業、60代女性)
・田舎暮らしは目的があれば充実した生活が楽しめると思う。自分の価値観に合うかどうか、十分にリサーチして決定すべきだ。私にとってはこの田舎はとても恵まれた環境だと満足している(岐阜県、医療福祉、60代女性)

といった、これからの暮らしを見据えて移住先を決めたという声が挙がっています。

まとめ

コロナ禍によって私たちの暮らしは大きく変わり「今まで通りに仕事を続けながら地方で暮らす」というライフスタイルが現実的な選択肢となりつつあります。地方移住に興味がある人は、今後の働き方や暮らしを見据えながら、後悔のない選択をしてくださいね。

【調査概要】
「地方移住への意識調査」
調査対象:全国の20〜60代以上の男女1,766名(移住に関心がある全国の20〜60代以上 男女500名を含む
調査方法:インターネット調査
実施期間:2021年8月10日〜8月18日
実施機関:高知市

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:高知市