近年、強い勢力を持った台風の上陸が相次ぎ、人や家などに大きな被害をもたらしています。洪水による浸水や、強風による屋根の剥がれなど、家に与えるダメージは計り知れません。

少しでも家の損傷を減らすために、できるだけのことはしたいですよね。台風が来る前に必ずやっておきたい対策のひとつに、「窓ガラスの割れ」対策があります。

家にあるものですぐに対策できるので、ぜひ参考にしてみてください。

台風で窓ガラスが割れる?

台風が接近・通過する際に、猛烈な風によって窓ガラスが大きく内側にたわむことがあります。変形する窓ガラスを見ると、「割れるのでは」と不安になる人も多いのではないでしょうか?

実際に、台風によって窓ガラスが割れる被害は、毎年多く報告されています。しかし、実はガラス窓は風の力だけではめったに割れません。台風で窓ガラスが割れるのは、強風のせいではなく、飛来物による破損が原因なのです。

なぜ窓ガラス対策が必要なの?

何の対策もしていない窓ガラスに飛来物が当たると、ガラス片が飛び散り、ケガをする危険が高まります。さらに、風で窓が揺さぶられることにより、残っていた窓ガラスもフレームから落ちて、被害が拡大するのです。

また、雨や風が強いときに被災すると、すぐに修理をすることもできず、しばらく窓に穴があいたままになります。開けっ放し状態の窓からは風や雨が室内に吹き込み、家具や壁・床などがびしょ濡れになってしまいます。

窓ガラスが割れることで、ガラス以外にも被害が広がってしまうので、「台風でモノが飛んでくるなんてそうそうない」と思って油断せず、万が一に備えて対策することが必要です。

すぐにできる窓ガラスの対策方法

台風の窓ガラス対策は「雨戸」や「シャッター」を下ろすのが一般的です。しかし、最近では雨戸やシャッターがない家も多く、台風が接近してから慌てる方も少なくありません。

おすすめなのが、ダンボールや養生テープ・ガムテープを使って、雨戸の代わりを作ることです。

ダンボールや養生テープ・ガムテープでガラス窓を補強

(1)養生テープなどで大きめのダンボールを窓の外側に固定する
(2)ダンボールが小さい場合は、窓枠いっぱいにすき間がないよう複数貼り付ける
※このとき、簡単にダンボールが剥がれてしまわないよう、しっかりと固定しましょう。

外側に貼るダンボールがないときは、ガラスの内側に養生テープ(なければガムテープ)を「米」の字に貼り付けましょう。

ガラスの内側にテープを「米」の字に貼り付ける

窓ガラスの内側にテープを貼るので、ガラスが割れることは防ぐことはできません。しかし、割れたガラスが飛散しない・落ちて穴を大きくしない、という意味で役立ちます。

事前に準備しておきたい対策グッズ

近年では、天気予報の精度が向上し、台風がいつどこに接近するのかが把握できるようになったため、事前に備えができるようになりました。

台風が来るまでに時間が確保できる場合は、下記のような対策グッズを準備しておくのもおすすめです。

荒天まで時間があれば「フィルム」を貼って防止する手も

・防犯フィルム
・飛散防止用防災フィルム

また、時間やお金に余裕があるときは、窓そのものを割れにくい防犯ガラスに変えてしまうのもよいでしょう。ちなみに、「網入りガラス」は、飛散防止程度の役割しかなく、「割れにくい」ガラスではないので注意が必要です。

ガラスが割れてしまったときの対処法

もしもガラスが割れてしまったら、できれば布団や毛布をかぶり、すぐに安全な場所に避難しましょう。

身の安全が確保できたら、とりあえず修理業者に連絡しましょう。天気が落ち着いてきている場合はすぐに対応してくれるかもしれません。

修理業者がすぐに来てくれない場合は、しっかりと安全対策を行ったうえで、応急処置を行います。

身に着けるべき装備
・ヘルメット
・ゴーグル
・厚手の軍手、作業用グローブ
・底が厚い長靴やブーツ

応急処置の手順
(1) 大きめのガラス片や飛来物などを片付けて作業スペースを確保する
(2) ひび割れている場所にガムテープや補修シールを貼って補強する
(3) 小さい穴にアクリル板をあててガムテープで固定する
(4) 大きく割れている箇所をダンボールで塞ぎ、ガムテープで固定する

ガムテープで固定するときは、できるだけガラス面ではなく、窓枠などに固定するようにしましょう。割れたガラスは強度が落ちているので、できるだけ負担をかけないようにすることが大切です。

まとめ

台風では、強風によって物が飛ばされ、窓ガラスが割れてしまう被害が多く発生します。突然窓ガラスが割れてしまうと、パニックになりどうしたらいいか分からなくなってしまうこともあるかもしれません。

そのためにも台風が来る前にできる対策をやっておきましょう。養生テープ・ガムテープだけでもある程度ガラスの飛散を防ぐことはできるので、ぜひこの記事を参考にして対策してください。

また、万が一台風で窓ガラスが割れてしまったら、まずは自分の身の安全を確保することが大切です。身の安全を確保して、暴風がおさまったことが確認できたら応急処置を行ってください。

防犯のためにも応急処置を行ったあとはそのままにせず、ガラス修理業者に修理を依頼しましょう。