貢献したい地域に納税をすることで、返礼品が手に入ったり、税金の控除を受けたりすることができる、ふるさと納税制度。年の瀬が近づき「控除上限額まで制度を活用したい」と、返礼品をチェックしている人も多いでしょう。バラエティー豊かなラインナップから、選ばれているのはどのような返礼品なのでしょうか?

ふるさと納税者の5割以上が「返礼品目的」

AGRI PICKが、ふるさと納税の経験者に対し「満足した返礼品・不満だった返礼品」に関するアンケート調査を実施。ふるさと納税をする理由について問うと「返礼品が魅力的だから」という回答が51.7%と最も多く、次いで「節税をしたいから」が41.5%という結果に。「応援したい市区町村があるから」や「地元に貢献したいから」といった、地域応援目的でふるさと納税する人は全体のわずか6.7%でした。

出典:AGRI PICK「ふるさと納税に関するアンケート」

最も満足度の高かった返礼品第1位は「食品(肉系)」

満足度の高かった返礼品のジャンルに関しては、1位が「食品(肉系)」で33.8%、2位が「食品(魚介)」で25.1%、3位が「食品(果物系)」で11.6%でした。

出典:AGRI PICK「ふるさと納税に関するアンケート」

満足した返礼品とその理由について自由回答で求めると、さまざまな声が挙がりました。返礼品に満足した理由には「その土地ならではのもの」や「普段買えないもの」に満足している人が多く、ふるさと納税の返礼品には特別感を味わえるものが好まれやすいと考えられます。

食品(肉系)
「佐賀県嬉野市の佐賀牛A5しゃぶしゃぶすき焼き用400g。家族とも食べられて美味しかったからです」(30代)
「熊本県玉東町の馬刺し。普段買えないものだから」(30代)
「高知県大月町の力豚。定期便で12ヶ月色んな部位を食べられたので」(30代)

食品(魚介系)
「北海道白糠町のエンペラーサーモン。小分けに冷凍されていたので、食べる分だけ解凍できた。骨がなく肉厚で、生でも食べられるし焼いてももちろん美味しかった」(30代)
「福井県美浜町のカニ。普段は自分では買わないようなカニを、節税を兼ねて購入できたから」(20代)
「北海道紋別市のホタテ。予想以上の肉厚のホタテで、解凍するだけで簡単に美味しく食べられたから」(40代)

食品(果物系)
「宮崎県日南市のマンゴー。おいしくて今までのマンゴーのイメージが変わった」(30代)
「山形の桃。いつも最寄りのスーパーで買う桃とは全然違う甘みやジューシーさだったので」(30代)

その他の食品
「豊岡市の出石蕎麦。子供の頃から食べているから」(40代)
「山形県天童市のお米(はえぬき)。1万1,000円の寄付で15キロのお米が送られてきて、とても新鮮でおいしいお米だったので」(40代)

不満だった返礼品は「なし」が3割を超え最多に

不満だった返礼品のジャンルに関しては、「なし」が30.9%で最多の結果に。概ね返礼品には満足しているようです。次に多かったのが、満足だった返礼品でトップだった「食品(肉系)」で14.9%でした。これは、返礼品として頼まれやすいものであるからこそ不満票も集まってしまったと考えられます。

出典:AGRI PICK「ふるさと納税に関するアンケート」

不満だった返礼品とその理由について自由回答で求めると、「イメージと違った」、「期待を下回った」、「スーパーでも買えた」など、納税者の求める特別感を損ねたようなケースが目立ちました。

食品(肉系)
「鴨のソーセージ。イマイチな味わいだったから」(40代)
「黒毛和牛切り落とし。脂身ばかりだった。肉類は切り落とし系が多く、当たり外れがあるなとつくづく思いました」(40代)

食品(魚介系)
「のどぐろ開き干し。思ったより小さく、近所のスーパーでも見つけてしまったため、もっと普段手に入りにくいものにすればよかったと思いました」(50代)
「いくら醬油漬け。写真から受けた印象よりもいくらが小さかった。前年度他の市に納税したときのいくらがとても立派だったので、ちょっとがっかりした。」(30代)

その他の食品
「おせち料理。写真では豪勢でお正月の集まりに出そうと頼んだのですが、全体的なボリュームは写真よりも劣り、味もイマイチでした」(30代)
「こだわりの尾道ラーメン生麺8食セット(スープ付)。味は美味しかったが消費期限が近かったので」(30代)

食品(果物系)
「有田みかん 5kg。量が多すぎましたので」(40代)

スイーツ
「チーズケーキ。ケーキの大きさが小さかったから」(20代)

返礼品の満足度が高かった市区町村に「継続して寄付したい」

最後に、ふるさと納税を今後どのように続けていきたいか聞いたところ、返礼品の満足度が高かった市区町村に継続して寄付したい」が32.9%、「色々な市区町村に寄付して違った返礼品をもらいたい」が30%と、合わせて62.9%の人が返礼品目的という結果に。以下、「節税目的で続けたい」が27.1%、「自分とゆかりのある市区町村に寄付していきたい」や「応援したい市区町村に寄付していきたい」といった地域応援目的での回答が10.1%でした。

出典:AGRI PICK「ふるさと納税に関するアンケート」

まとめ

ふるさと納税は、手軽に返礼品が得られるとともに、特定の地域を選んで応援することができる制度です。一度利用してその魅力に触れ、毎年ふるさと納税を欠かさないという人も多いでしょう。まだ経験したことがない人はこれを機に、ふるさと納税を利用してみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
「ふるさと納税に関するアンケート」
調査対象:ふるさと納税の経験者207名
実施期間:2021年9月29日〜2021年10月6日
実施機関:アグリコネクト株式会社

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン「AGRI PICK」