2020年・2021年と、新型コロナウイルス感染拡大への懸念から、外出を自粛する人が多数を占め、毎年恒例だったイベントの多くが中止となりました。しかし、2022年に入り、今まで中止となっていたイベントが再開されたり、GoToイート・プレミアム食事券の販売や全国旅行支援の実施により外食や旅行が推奨されたりと、外出に前向きなムードに一転しています。12月といえば忘年会シーズンですが、2022年はどのような計画を立てているのでしょうか。

2022年の忘年会は半数以上の人が「参加したい」と意欲的

出典:ぐるなび「2022年の忘年会に関する調査」

ぐるなびが、2022年の忘年会に関する調査を実施。まず、コロナ禍の日々を送っていた2020年と2021年の忘年会に参加したか聞いたところ、両年とも職場の参加率が約1割、プライベートで約2割という結果に。そもそも忘年会が開催されなかったという回答が多数を占めました。
一方、2022年の忘年会については、感染がおさまっていれば職場の忘年会は50.7%、プライベートの忘年会は67.9%が「参加する」「開催されれば参加する」と回答。3年ぶりとなる忘年会に参加したい意欲がうかがえる結果となりました。

忘年会の平均予算は職場が4,139.1円、プライベートが4,795.9円!

出典:ぐるなび「2022年の忘年会に関する調査」

忘年会の平均予算については、職場が4,139.1円なのに対し、プライベートが4,795.9円と、職場よりもプライべートの方が656円高い結果に。プライベートの方が、料理や飲み物により多くのお金を払っても良いと考えていることが分かりました。

忘年会が3年ぶりに復活の兆しを見せていますが、コロナ禍の収束にはもう少し時間がかかりそうです。少人数での実施など、感染対策も踏まえながら忘年会を楽しんでくださいね。