建物を建てる際、上棟式や竣工式を行うケースがあります。上棟式や竣工式へ出向いてお祝いを渡す場合、どの程度の金額にすればよいのか悩む人も多いでしょう。この記事では、上棟式祝いや竣工式祝いの相場について解説します。現金以外に喜ばれるお祝いの品についても紹介するので、ぜひ役立ててください。

上棟式・竣工式とは

そもそも上棟式や竣工式とは、どのようなものなのでしょうか。ここでは、上棟式と竣工式の概要を解説します。

上棟式

上棟式は棟上げの後に行われる

上棟式とは、建築工事の棟上げを済ませた後に行われる儀式で、「建前」と呼ばれる場合もあります。在来工法で木造住宅を建てるときは、屋根の一番高いところに棟木を取り付けると骨組みの作業が完了します。棟上げとは、棟木を取り付ける作業のことです。

上棟式は棟上げの成功を祝うとともに、その後の工事もすべて安全に済むことを願って行われます。家屋の守護神と大工の神を祀るため、お供え物も必要です。神主が清めの儀式を執り行い、棟梁や現場監督が祭壇で挨拶します。上棟式の後に宴会が行われるケースもあります。

昔ながらの風習が残っている地域では、上棟式に餅や小銭の入った袋を屋根の上から撒くこともありますが、最近では少なくなりました。宴会を行わないなら、餅、酒、赤飯の引き出物が手土産として渡されます。

なお、木造住宅であっても、2×4工法やプレハブ住宅には棟上げがありません。しかし、工事の無事や成功を願う目的で上棟式を実施することは可能です。

竣工式
竣工式とは、建物の工事が問題なく完了したことを祝うための儀式です。新しく暮らす家族の健康や繁栄を願ったり、住宅を披露したりする意味合いもありますが、一般的には企業のオフィスビルや工場、公共施設などの完成のときに行われるものです。

竣工式に出席するのは、家族、親戚、工事関係者などです。竣工式が実施されるのは、施主に建物が引き渡された後になります。工事関係者をねぎらい、完成した住宅に招くのが一般的です。工事の完了を祝うための儀式なので、なるべく早い時期に行う必要があります。

上棟祝い・竣工祝いを渡すタイミングは

上棟祝いや竣工祝いは、基本的に儀式を行う当日に渡します。現金を包む場合は、お祝いの言葉を伝えながら手渡ししましょう。受付が設けられていれば、受付でご祝儀を渡します。

お祝いの品を贈る場合は、遅くとも当日までに相手の手元に届くよう手配する必要があります。品物であれば、事前に届いても問題ありません。ただし、竣工祝いを受け取る相手はたいてい引っ越し作業を行っているため、事前に贈ると負担になる恐れもあります。お祝いの品については、相手の状況も考慮しつつ渡すタイミングを決めましょう。

上棟祝い・竣工祝いの相場は

個人の住宅に対する上棟祝いや竣工祝いの相場は、数千円から1万円程度です。特に親しい身内に渡す場合でも、3万円程度で十分です。ただし、地域によっても上棟祝いや竣工祝いの相場は異なるため、注意しましょう。地域の相場を確認したうえで用意すると安心です。

なお、企業が取引先の本社ビルなどの竣工祝いを贈る場合であれば、相場は取引の関係性によって変化します。具体的には1万〜10万円程度です。状況によってふさわしい金額は異なるため、適切な金額を用意しましょう。

上棟祝い・竣工祝いの定番品は

上棟祝いや竣工祝いとして現金以外のものを贈る場合、どのようなものを選べばよいのでしょうか。ここでは、上棟祝いや竣工祝いの定番品を紹介します。

お酒

上棟祝いや竣工祝いとして定番の品が日本酒

お酒は、上棟祝いや竣工祝いとして定番の品です。お酒はお供え物として必要であり、土地や建物を清める意味もあります。

上棟祝いや竣工祝いで贈るお酒の種類として最もメジャーなのは、日本酒です。日本酒は一升瓶を2本セットにして贈るようにしましょう。最近では、上棟祝いや竣工祝いとしてあえて日本酒以外のお酒を贈るケースも増えています。たとえば、ビールやワインなどでも構いません。相手の好みも考慮しつつ、喜んでもらえるお酒を選ぶとよいでしょう。

花の贈答では胡蝶蘭がスタンダード

上棟式や竣工式のお祝いには、花を贈るのも一つの手です。特に胡蝶蘭を贈るのがスタンダードとなっています。胡蝶蘭は「幸せが飛んでくる」という花言葉をもち、縁起がよい花として知られています。数ヶ月花を咲かせるので、新しい建物に長く華やかさを添えられます。

また胡蝶蘭でなくても、いろいろな種類の花を組み合わせるスタンド花ならお祝いにぴったりです。相手のイメージに合わせて花を選んでください。

なお、より長く楽しんでもらいたいなら、観葉植物を選んでもよいでしょう。

お菓子や飲み物
上棟祝いや竣工祝いとして、お菓子や飲み物を贈るケースもあります。特に、上棟式や竣工式とともに宴会を設ける場合におすすめです。お祝いにふさわしい特別感のあるものが適していますが、相手の好みも考慮すると、その人のために選んだことが伝わるはずです。

なお、上棟式や竣工式には大工さんや職人さんなどたくさんの人が集まるため、みんなで分けやすいものだとより喜ばれます。その場で食べたりお土産にしたりしやすいものを選びましょう。

まとめ

個人で住宅を建てる場合、注文設計であっても上棟式や竣工式を行う人は少なくなっています。上棟式や竣工式を行うには、準備の手間や時間はもちろん、費用もかかるからです。

しかし、大切な住宅を建てる際に、上棟式や竣工式を行うと心に残る記念になるでしょう。上棟式や竣工式に招かれたときは、気持ちを込めてお祝いすることが大切です。今回紹介した内容を参考にして、上棟祝いや竣工祝いを渡してください。