ARUHIマガジン「住宅購入に関する調査2022」によると、住宅購入者や住宅購入検討者が住む街を選ぶ際に最も重視した(したい)ことのトップは「日常の買い物の利便性」でした。徒歩圏内にある店舗のラインナップは、日々の暮らしやすさに直結します。地域に根差し、そこでしか買えない商品を取り揃えるスーパーが近くにあれば、毎日の買い物が楽しくなりそうです。

一般社団法人全国スーパーマーケット協会によると、2022年10月末時点で千葉県には1,015店舗のスーパーがあります。千葉県と言えば、圧倒的な売上高と市場シェアを誇る業界最大手「イオン」のお膝元。数多くのチェーン系スーパーが千葉県民の生活を支える一方で、店舗数やエリアを限定しつつ、地域に根差した営業を続けるスーパーも数多く存在します。
今回は数あるスーパーの中から、千葉県を中心に店舗を展開し、独自性があり地元で親しまれている「ローカルスーパー」を紹介します。

名物の「真面目シュークリーム」が人気「ランドローム」(船橋市など)

2021年8月にオープンしたランドローム 船橋夏見店(写真提供:ランドローム)

船橋夏見店には、船橋の地元農家が手掛けた地場野菜のコーナーも。朝どれ野菜も購入できます(写真提供:ランドローム)

植物性主体の飼料で育てられた「旨いたまご」で作る「真面目プリン」など、手づくりでひとつずつ真面目に作ったスイーツが並ぶ、ベーカリー工房(写真提供:ランドローム)

安くておいしいと評判の「真面目シュークリーム」はランドロームの名物的存在。ベーカリー工房がある店舗で販売しています(写真提供:ランドローム)

船橋市・千葉市・柏市・佐倉市・印西市・茂原市・八街市・白井市・富里市・山武市・山武郡・富津市に18店舗と、茨城県に4店舗を展開する「ランドローム」。2021年には船橋夏見店がオープン、2022年4月には三咲店がリフレッシュオープンしています。店頭には、地元や市場で買いつけた新鮮な野菜や、船橋市地方卸売市場から当日獲れた新鮮な魚などの生鮮食品が並びます。

オリジナルのブランド「真面目シリーズ」も人気。エクレアやプリン、杏仁豆腐、いずれもおすすめですが、なかでもサクサクの生地にカスタードクリーム(千葉県の工場で製造された牛乳を使用)をたっぷりと入れた「真面目シュークリーム」はランドロームの名物的存在です。

ランドローム 船橋夏見店
営業時間:9:30〜21:45
住所:千葉県船橋市夏見1-15-5
交通アクセス:東葉高速鉄道東海神駅より徒歩約13分
公式ホームページ:https://landrome.jp/

ランドローム 船橋夏見店に近い【東海神駅】の口コミや住みやすさを「TownU(タウニュー)」でチェック(無料・登録不要)

「千産千消」の商品にこだわり「ナリタヤ」(千葉市など)

ナリタヤ旭萬力店(写真提供:ナリタヤ)

店内には、原材料や品質にこだわった商品が揃っています(写真提供:ナリタヤ)

生産者の顔が見える地元野菜を豊富に取り揃えています(写真提供:ナリタヤ)

総菜やベーカリーは基本的に店で手作り。パンやピザは生地から自社で手掛けているとのこと(写真提供:ナリタヤ)

ナリタヤ名物の「もつにんにく漬」はそのまま食べても、ご飯やお酒のお供にもぴったり(写真提供:ナリタヤ)

千葉県産の原材料を使用したプライベートブランド商品も多く、なかでも千葉県産の生乳を100%使用したヨーグルトは人気商品。プレーンと脂肪ゼロの2タイプから選べます(写真提供:ナリタヤ)

1979年の創業で、現在は千葉市・成田市・我孫子市・印西市・四街道市・茂原市・旭市・富里市・印旛郡・香取郡と、利根川沿いを中心に13店舗を展開する「ナリタヤ」。「地産地消」ならぬ「千産千消」をモットーとし、店内には無農薬野菜をはじめとする、千葉県産の食材が並んでいます。

千葉県産の原材料を使用したプライベートブランド商品が数多く揃っていることも特徴で、それらの商品を目当てに訪れる人も多いのだとか。日常の買い物にはもちろん、ローカルなお土産を買いたい人にもおすすめです。

ナリタヤ旭萬力店
営業時間:9:30〜21:00(日曜は9:00〜21:00)
住所:千葉県旭市萬力4428-2
交通アクセス:JR総武本線干潟駅より約3km
公式ホームページ:http://www.naritaya-net.co.jp/

ナリタヤ旭萬力店に近い【干潟駅】の口コミや住みやすさを「TownU(タウニュー)」でチェック(無料・登録不要)

地元の新鮮な魚を買うならここ! 「スーパー富分」(君津市など)

スーパー富分 君津店(写真提供:スーパー富分)

店内には、地元の野菜を中心に、全国各地から仕入れた野菜や果物が並びます(写真提供:スーパー富分)

精肉売り場に並ぶのは、リーズナブルな肉から国産のブランド肉まで幅広いラインナップ(写真提供:スーパー富分)

切り身ではない、丸魚がずらりとならぶ鮮魚売り場。スタッフに頼めば用途に合わせて、刺身や三枚下ろしなど捌いてもらうことができます(写真提供:スーパー富分)

木更津魚市場直送の地魚も取り揃えています(写真提供:スーパー富分)

店舗ごとに旬の食材を使って手作りしている総菜は、定番から季節限定品まで豊富な品揃え。しかもリーズナブルとあって人気を集めています(写真提供:スーパー富分)

君津市・木更津市・市原市とベトナムハノイに店舗を展開する「スーパー富分」。店名には「お客さまと富を分け合いたい」という想いが込められています。正式名称が「活魚スーパー富分」であることからもわかる通り、地元で獲れた鮮度の良い魚介を、経験豊富なプロが厳選。捌いていない丸魚が並ぶ昔ながらの売場で、「活旬美味」を合言葉に新鮮な魚を販売しています。

また、同社は「お食事処お富さん」や、2022年11月にオープンした「焼肉お富さん 和牛とまぐろ」といったレストラン経営も行っています。惣菜は、レストランの運営で培った技術やレシピをもとに店舗で手作りしており、品揃えも豊富。おいしいだけでなく、リーズナブルな価格とボリュームも魅力です。鉄火丼や三色丼、手巻き寿司など、鮮魚をふんだんに使った丼物や弁当などは特に人気があります。

スーパー富分 君津店
営業時間:9:00〜21:00
住所:千葉県君津市南子安5-28-14
交通アクセス:JR内房線君津駅からバス
公式ホームページ:https://tomibun.jp/

活魚スーパー富分 君津店に近い【君津駅】の口コミや住みやすさを「TownU(タウニュー)」でチェック(無料・登録不要)

まとめ

日々の買い物スポットとして多くの人が利用しているスーパーですが、全国規模のチェーン店だけでなく、地元の食材やそこでしか買えないオリジナル商品など、魅力ある品揃えのスーパーが近くにあれば、日々の買い物が楽しく、食生活も充実するはず。これからどんな街で暮らそうか検討中の人は、地元のスーパーもチェック項目に加えてみてはいかがでしょうか。

記事内に掲載した商品・価格は撮影当時のものです。

「TownU(タウニュー)」とは?
アルヒ株式会社が提供する一人ひとりのライフスタイルや価値観に合った「本当に住みやすい街」をAI技術を用いて提案するWebサービス(無料)。詳しくはこちら