19日の東京株式市場は、日経平均株価が3日ぶりに値上がりした。終値は前日より36円90銭(0・19%)高い1万9590円76銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、同4・72ポイント(0・30%)高い1559・73。出来高は19億株。

 日経平均は前日に260円超も下がり、割安感から買われた。トランプ米政権への懸念も根強く、小幅な上昇にとどまった。市場では「積極的に売買する材料が少なく、様子見ムードが広がっている」(大手証券)との見方が出ている。