20日の東京外国為替市場の円相場は、やや円安で推移している。午後1時時点の対ドルは前日午後5時より58銭円安ドル高の1ドル=111円69〜70銭。対ユーロは22銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円60〜64銭。

 前日の米国市場でダウ工業株平均が大幅に続伸したことを受けて投資家のリスクを取る姿勢が強まり、ドルを買って円を売る動きが優勢になった。ただ、「足元の米経済指標は力強さに欠け、楽観的な見方は長続きしない」(大手証券)との見方も出ている。