東芝の2017年3月期決算で、PwCあらた監査法人が「限定付き適正」の意見を出す見通しとなった。米原発子会社ウェスチングハウス(WH)が出した巨額損失を巡って、東芝の会計処理の誤りを認定したが、それ以外の決算は正しいと判断した模様だ。東芝は10日、この監査意見を付けた有価証券報告書を関東財務局に提出する。

 限定付き適正意見の見通しとなり、東芝が今回の決算で、東京証券取引所の上場廃止基準に触れることはひとまずなくなった。

 PwCあらたは、東芝が16年12月に公表したWHの損失を巡り、前期の16年3月期決算でその一部を計上しておくべきだと主張。決算に「誤り」があると認定している。ただ、損失処理はすでに済み、WHは米裁判所の管理下で、会計上は連結決算から外れていることから、誤りの影響は限定的と判断している模様だ。