不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」を運営するリクルート住まいカンパニー(東京)は13日、「住みたい街ランキング2019 関西版」を発表した。駅名から選ぶ形式で、1位は7年連続で「西宮北口」(兵庫)だった。また「桂」(京都)や「尼崎」(兵庫)など、主要都市に隣接した駅の人気も急上昇した。

 関西2府4県に住む人を対象にインターネットで調べた。交通の利便性がよく商業施設もある西宮北口は「殿堂入りしてもいい人気ぶり。関西の武蔵小杉(川崎市)とも言える」(笠松美香・スーモ副編集長)で大阪府民からの支持も前年より伸びたという。