山口フィナンシャルグループ(FG)は14日、新銀行の設立構想をめぐる対立で、会長兼最高経営責任者(CEO)を事実上解任された吉村猛取締役に対し、取締役からの辞任を勧告する決議を臨時取締役会で可決した。長引く社内の混乱を収拾するため、ほかの取締役が「引導」を渡すという異例の事態となった。

 吉村氏は、消費者金融アイフルと新銀行をつくる構想をめぐり、ほかの取締役9人と対立。6月の定時株主総会後の臨時取締役会で、会長兼CEOの再任案を否決されたが、取締役としては残っていた。