20日午前11時20分ごろ、兵庫県稲美(いなみ)町中村の指定暴力団神戸山口組(本部・同県淡路市)の関連施設で、門や屋根の数カ所に銃弾を撃ち込んだような痕があるのを県警の捜査員が見つけた。けが人はいなかった。県警は建造物損壊容疑などで捜査している。

 暴力団対策課によると、この施設には16日に京都府警に傷害容疑などで逮捕された神戸山口組組長の井上邦雄容疑者(68)が組長を兼ねる傘下団体「山健組」(神戸市中央区)の組員が詰めていたという。県警に情報提供があり、捜査員が現場で痕を確認した。

 県警は、指定暴力団山口組(本部・神戸市灘区)や、神戸山口組からの離脱派が結成した「任俠(にんきょう)団体 山口組」との対立が背景にあるとみて調べている。

 現場はJR神戸線東加古川駅から東に約1・8キロの田園地帯。