NHKは20日、来年春に始まる連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインが俳優の永野芽郁(めい)さん(17)に決まったと発表した。永野さんは、大河ドラマ「真田丸」に出演したほか、映画「ひるなかの流星」に主演。連続テレビ小説には初出演となる。

 「半分、青い。」は、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品で、片耳の聞こえない楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、岐阜と東京を舞台に挫折や失敗を繰り返しながら生き抜く物語。永野さんは、オーディションで2366人から選ばれた。会見では「鈴愛ちゃんは明るく人に愛される子。おっちょこちょいなところは、素の自分で演じられると思う」と話した。(滝沢文那)