20日午前9時45分ごろ、東京都品川区南大井1丁目の路上で、頭から血を流して座り込んでいる会社員の女性(68)を通行人が見つけ、110番通報した。女性は当初、意識があったが頭の骨が折れるなどして現在は意識不明の重体。路上で何者かに突然殴られたとみられ、警視庁は殺人未遂容疑で捜査している。

 捜査1課によると、女性は自宅近くの民家の玄関近くで座り込んでおり、駆けつけた警察官に対し、「自転車に乗っていたら後ろから殴られた」と話した。所持品は取られていないという。女性は自宅を出て、自転車で勤務先に向かう途中だった。近所の女性(79)によると、被害に遭った女性は警察官に「後ろから大きな石で殴られた。犯人は引き返すように逃げていった」と説明していたという。

 現場は東京モノレール大井競馬場前駅から約750メートル西の住宅街。