パンダでGO――。京都・大阪と和歌山県南部を結ぶ特急「くろしお」にパンダの顔をあしらった車両が8月、運行を始める。JR西日本が14日発表した。

 パンダがいる同県白浜町の「アドベンチャーワールド」が協力。座席カバーにもパンダをデザインし、車体側面などに施設のキリンやライオンを描く。

 1編成のみで、2019年秋ごろまで走る。運行の区間や時刻は日によって違い、JR西の担当者は「乗れなくても本物のパンダに会って癒やされて」。