気象庁によると、日本海側にある低気圧の影響で、新潟、福島両県では17日深夜から18日朝にかけ、断続的に1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降った。同庁は、土砂災害や河川の増水、低い土地への浸水などに警戒を呼びかけている。

 新潟県の佐渡市や三条市、長岡市、加茂市では18日朝までに1時間雨量が100〜110ミリを記録し、気象庁は相次いで記録的短時間大雨情報を発表。福島県只見町では午前5時5分までの1時間雨量が88・5ミリを記録し、この地域の観測史上最多となった。

 また、これまでの大雨で土砂崩れなどの危険が高まっているとして、新潟、福島両県の一部や、山形県小国町に土砂災害警戒情報が発表されている。

 新潟、福島両県では18日の昼ごろまで大雨に厳重な警戒が必要で、局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れがある。東北や北陸、関東甲信、近畿も18日夜にかけて大気の不安定な状態が続く見通しで、局地的な大雨や落雷、突風に注意が必要。