夏の古都・奈良を彩る「なら燈花会(とうかえ)」を、修学旅行生が体験できるプランが人気を集めている。「青春の原風景になれば」とスタッフは願いを込める。

 6月上旬、修学旅行で奈良市内に宿泊する東京都多摩市立聖ケ丘中学校の3年生約90人が奈良公園に集まった。地元経営者らで作るNPO法人「なら燈花会の会」のスタッフから助言を受けながら、ろうそく入りカップを並べた。最初は興味がなさそうだった男子生徒も次第に夢中に。クラスごとに考えたシカなどの絵柄ができあがり、明かりをともすと、「きれい」「ヤバい」と歓声があがった。

 3年3組の伊藤千尋さん(15)は「一つひとつの炎が集まったのを見て、涙が出そうになった。中学の最後がこのクラスで良かった」と話した。

 なら燈花会は地元の若手経営者らが1999年に始めた。観光客の減る8月の奈良公園を彩り、5年後には70万人以上が訪れるようになった。今年も今月5〜14日の夜に開かれる。

 しかし、京都や大阪を宿泊先に選ぶ観光客も多く、奈良に泊まらないのが地元の悩みだ。2016年の奈良県の延べ宿泊者数は252万人で全国でもワースト2。修学旅行生も減っており、奈良市によると、市内に泊まる修学旅行生は1992年の31万人から08年は9万人にまで落ち込んだ。