平安京で最大級の貴族邸宅とみられる平安時代前期(9世紀前半)の建物跡が京都市中京区の平安京跡から見つかった。3日、市埋蔵文化財研究所が発表した。これまでの調査から、邸宅の敷地面積は1町(ちょう、約120メートル四方)規模で、その広さから、現在の閣僚クラスにあたる「三位(さんみ)」以上の高級貴族の邸宅だったと推定している。誰が住んでいたかは不明という。

 現場は京都市中京区西ノ京日扇町の島津製作所三条工場内にある「平安京右京三条三坊五町跡」。大型建物跡1棟を含む4棟の建物跡が出土した。大型建物跡は東西21メートル、南北9メートル。大きさは平安京跡でこれまで見つかった最大級の建物とほぼ同等で、掘っ立て柱の建物だった。建て替えられた跡もある。建物同士を廊下で結んだ跡がないことから、寝殿造りではなく、奈良時代の様式を受け継いだ建物とみられるという。