名古屋市出身の元フィギュアスケート選手・浅田真央さん(26)に4日、愛知県が「県民栄誉賞」、市が「市特別スポーツ功労賞」を贈った。県体育館で行われた浅田さんの出演するアイスショーの合間に授与式があり、大村秀章知事と河村たかし市長が賞状と記念品の目録を手渡した。

 両賞とも、浅田さんの引退を受けて新設された。県は記念品として名古屋市の陶磁器メーカー・ノリタケカンパニーリミテドのティーセットを贈呈。皿には浅田さんがスケートをする姿やスケート靴、愛犬「エアロ」が描かれている。

 市の副賞は長さ50センチ、幅35センチのケーキ。表面をアイスリンクに見立て、ケーキで作ったスケート靴を載せている。

 浅田さんは受賞後、「私が生まれた愛知県、名古屋で素晴らしい賞をいただけて、本当にうれしい」と笑顔で話した。(関謙次)